トップ > 観光・文化・交流 > 国際交流 > 宮崎県パスポートセンター > パスポートに記載されている内容(名前、本籍地等)に変更が生じた場合

ここから本文です。

更新日:2017年3月8日

パスポートに記載されている内容(名前、本籍地等)に変更が生じた場合

次のいずれかの方法を選択できます。

1.パスポートを作り直す

新しくパスポートを作り直す方法で、変更された氏名や本籍地の都道府県名はもちろん、署名、有効期限、パスポート番号等も新しいものになります。

必要書類は、切替申請と同様の提出書類と現在お持ちのパスポートです。
また、受け取りまでの所要日数や手数料等も切替申請の場合と同じです。

2.記載事項変更旅券の申請をする

氏名、性別、生年月日又は本籍地の都道府県名に変更があった場合に、現在お持ちのパスポートと残存有効期間が同一となるパスポートをお作りします。

必要書類

一般旅券発給申請書
記載事項変更用
1通 申請書は、各パスポート窓口に置いてあります。
戸籍謄(抄)本 1通 2枚以上になっているものは、切り離さずにそのままお持ち下さい。

夫婦や親子等、同じ戸籍内に記載されている方と同時に申請を行なう場合は、戸籍謄本1通で申請ができます。

注意:コピー不可、発行日から6ヶ月以内のもの

住民票の写し

(原則不要)

 

宮崎県内の市町村に住民登録されいる方は、住民票の写しは不要です。この場合、住基カードも不要です。

ただし、宮崎県以外の都道府県にに住民登録されている方は、住民票の写しが必要です。記載内容が最新で、発行日から6か月以内のものをお持ちください。(1通、コピー不可)

(2枚以上のものは切り離さずそのままお持ちください。夫婦・親子など同一世帯にある2人以上の方が同時に申請される場合は、世帯全員の住民票1通で申請できます。)

パスポート用の写真 1枚

撮影から6ヶ月以内のもの

次の規格に合っているもの

  • 縦4.5センチ×横3.5センチ
  • 頭頂部から顎まで3.4センチ(±0.2センチまで可)
  • 頭頂部から上の余白が0.4センチ(±0.2センチまで可)

旅券窓口で写真の撮影はできませんので、あらかじめ写真をご用意下さい。

現在お持ちのパスポート   申請時にいったんお預かりし、失効処理をした上で、お返しいたします。

注意事項

次のことにご注意ください。

これまでに訂正申請をされた方は、原則として記載事項に変更が生じない限り、記載事項変更旅券の申請は、できません。

代理での申請について

記載事項変更旅券の申請は、代理で行なうことができます。
その際には、代理人の本人確認書類が必要となります。
ただし、申請書の「申請者署名」及び「申請書類提出委任申出書」の点線から上の部分は、申請者本人が記入しなければなりません。
また、その欄の点線から下の部分は、代理人本人が記入しなければなりません。

受け取りについて

パスポートのお受け取りは、必ずご本人様に来ていただく必要がございます。

パスポくん

お問い合わせ

商工観光労働部観光経済交流局 オールみやざき営業課国際交流・旅券担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7268

ファクス:0985-26-7327

メールアドレス:allmiyazaki@pref.miyazaki.lg.jp