トップ > 健康・福祉 > 高齢者・介護 > 高齢者福祉 > 令和元年度宮崎県介護ロボット導入支援事業の二次募集について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年9月6日

令和元年度宮崎県介護ロボット導入支援事業の二次募集について

介護ロボット導入支援事業の二次募集を行います。二次募集は先着順により採択し、申請額が予算額(約300万円)に達した段階で募集終了とします。

なお、8月までの一次募集に応募を行なった事業者は、二次募集には応募できません。その他については、実施要領(二次募集)をご覧ください。

1事業目的

介護現場において、介護ロボットの導入は、介護職員の身体的負担の軽減や介護業務の効率化を可能とするものであり、介護職員が継続して働くための環境整備に有効であるため、介護保険施設・事業所における介護ロボットの導入に係る経費について補助を行う。

2事業概要

1.実施主体

宮崎県内にある介護保険施設・事業所(ただし、一部サービスは対象外。詳細はQ&A(PDF:105KB)又は対象の事業所(PDF:80KB)参照)

2.補助対象機器

次の1から3の全ての要件を満たす介護ロボットであること。

  1. 移乗介護、移動支援、排泄支援、見守り・コミュニケーション、入浴支援、介護業務支援のいずれかの場面において使用され、介護職員の負担軽減効果があること。
  2. 経済産業省が行う「ロボット介護機器開発・導入促進事業」(外部サイトへリンク)(平成30年度からは「ロボット介護機器開発・導入促進事業」)において採択されたロボット、または、センサー等により外界や事故の状況を認識し、これによって得られた情報を解析し、その結果に応じた動作を行うロボットであること。
  3. 販売価格が公表されており、一般に購入できる状態にあること。

3.補助対象経費

介護ロボットの導入に要する経費。導入の際の必要な諸経費を含む。

(ただし、消費税、機器のメンテナンス費用、パソコン・タブレット・スマートフォン等の通信機器費用又はインターネット回線使用料等は対象外。また、交付決定前に購入した介護ロボットも対象外。)

4.補助金額・補助台数

  • 補助額:補助対象経費の2分の1以内(補助上限額:1台あたり30万円)
  • 補助対象の限度台数(下表のとおり)
定員 1~10 11~20 21~30 31~40 41~50 51~60 61以上
施設・居住系サービスの限度台数 1台 2台 3台 4台 5台 6台 定員が10増えるごとにプラス一台
在宅系サービスの限度台数 1台 1台 2台 2台 3台 3台 定員が20増えるごとにプラス一台

3申請手続き

1.提出書類

2.提出方法

  • 持参又は郵送(郵送の場合は、封筒の表に「宮崎県介護ロボット導入支援事業費補助金」と朱書きすること。)
  • 提出先
    • 〒880-8501宮崎市橘通東2丁目10番1号
    • 宮崎県福祉保健部長寿介護課施設介護担当
  • 募集期間

    令和元年9月17日火曜日から10月31日木曜日午後5時15分まで(提出期限までに申請額が予算額に達した場合は、その段階で終了します。)

    • (郵送の場合は、令和元年10月31日消印有効。郵送の場合の消印日と持参日が同日の場合は、「持参」を優先とする。)
    • なお、9月16日以前の申請については一切受け付けませんので、ご注意ください。

4補助金事業の流れ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課施設介護担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7058

ファクス:0985-26-7344

メールアドレス:choju@pref.miyazaki.lg.jp