トップ > 県政情報 > 入札・調達・売却 > 入札情報 > 令和2年度「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金及び医療機関等支援金支給事務に係る労働者派遣業務」の労働者派遣に関する企画コンペの実施について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年9月23日

令和2年度「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金及び医療機関等支援金支給事務に係る労働者派遣業務」の労働者派遣に関する企画コンペの実施について

令和2年度「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金及び医療機関等支援金支給事務に係る労働者派遣業務」の労働者派遣に関する企画コンペを実施します

1.目的

今般、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組む医療や介護・障害福祉サービス等に従事している方々に対し慰労金を支給(以下「慰労金支給業務」という。)するとともに、感染拡大防止のための取組を行う医療機関や介護サービス事業所・障害福祉サービス事業所等に対し支援金を支給(以下「支援金支給業務」という。)するため、当該業務遂行スキルを有する派遣労働者を活用するとともに、民間企業等が有するノウハウを活用して、本事業の円滑かつ安定的な実施と迅速かつ効率的で正確な事務執行を行うことを目的とする。

2.業務の概要

慰労金及び支援金支給事務に係る労働者派遣

詳細は、以下の実施要領及び仕様書をご確認ください。

3.企画コンペ参加者に必要な資格

  1. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4(一般競争入札の参加者の資格)の規定に該当しない者であること。
  2. 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続開始の申立て、民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始の申立て又は破産法(平成16年法律第75号)に基づく破産手続開始の申立てがなされていない者。ただし、会社更生法に基づく更生手続開始又は民事再生法に基づく再生手続開始の決定を受けている者は、申立てがなされていない者とみなす。
  3. 本業務について、十分な業務遂行能力を有し、過去に宮崎県における同種業務相当以上の業務実績を有する者。
  4. 県税(個人県民税及び地方消費税を除く。)に未納がないこと。
  5. この公告の日から提案書の提出期限までに、宮崎県からの受注業務に関し、入札参加資格停止の措置を受けていない者。
  6. 宮崎県暴力団排除条例(平成23年宮崎県条例第18号)第2条第1号に規定する暴力団又は代表者及び役員が同条第4号に規定する暴力団関係者でない者。
  7. 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(昭和60年法律第88号)に基づく労働者派遣事業の許可を受けている事業者であること。

4.企画コンペへの参加申込方法

参加を希望する者は、令和2年9月29日(火曜日)午後5時までに参加申込書(別記様式第1号)を提出すること。

5.企画提案書の提出及び選定方法

1.提出書類

  1. 企画提案書(別記様式第2号):1部
  2. 企画書:6部
  3. 見積書:6部
  4. 業務スケジュール:6部
  5. 業務体制図:6部
  6. 会社概要(既存のもの):6部
  7. 業務実績(平成29年度以降の国又は地方公共団体との契約実績の分かるもの)6部

2.提出期限

令和2年10月1日(木曜日)正午(必着)

3.提出先及び提出方法

宮崎県福祉保健部長寿介護課宛てに、持参または郵送により提出すること。

4.選定方法

書面による審査とする。

6.結果の通知

審査結果については、令和2年10月2日(金曜日)(予定)に企画コンペ参加者全員に通知する

7.企画コンペに係る質問の受付

企画コンペに係る質問がある場合、令和2年9月28日(月曜日)午後5時までに、質問票(別記様式第3号)をFAX又は電子メールにて提出すること(FAXによる送付の場合、送信の事前もしくは事後に必ず電話確認を行うこと。)

なお、質問に対する回答内容は、軽微なものを除き、質問者にFAXまたは電子メールで回答するほか、県ホームページで公表する。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課

電話:0985-26-7058

ファクス:0985-26-7344

メールアドレス:choju@pref.miyazaki.lg.jp