トップ > 県政情報 > 採用・資格・試験・募集 > その他募集 > 第38回「全日本中学生水の作文コンクール」について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2016年9月2日

第38回「全日本中学生水の作文コンクール」について

第38回「全日本中学生水の作文コンクール」審査結果について

平成28年度に開催した第38回「全日本中学生水の作文コンクール」の地方審査及び中央審査の結果は以下のとおりです。

地方審査結果について

県内11校から245編の応募があり、入賞作文10編を決定しました。

審査結果は以下のとおりです。

学校名 学年 氏名 題名
最優秀賞 宮﨑県立
宮崎西高等学校附属中学校
3年 﨑村宙央さん そこにある可能性
優秀賞 宮﨑市立生目台中学校 2年 吉永茉利香さん 「水は命。」
優秀賞 高千穂町立高千穂中学校 3年 黒木陽斗さん 水の神様への思いを受け継いで
入選 宮﨑県立
宮崎西高等学校附属中学校
3年 櫻井暁帆さん 水と共に生きる
入選 五ヶ瀬町立五ヶ瀬中学校 3年 菊池真奈さん 水のある幸せ
入選 学校法人
旭進学園宮崎第一中学校
1年 仲本愛さん 「水はつながっている」
入選 五ヶ瀬町立五ヶ瀬中学校 3年 宮﨑琉奈さん 断水から感じた水の大切さ
入選 宮﨑市立青島中学校 2年 中島文也さん 命をつなぐ水
入選 学校法人
大淀学園鵬翔中学校
3年 上永華さん 水の価値
入選 西米良村立西米良中学校 3年 甲斐塔子さん

恵みの水

最優秀賞及び優秀賞の作品はこちらから御覧いただけます。

中央審査結果について

最優秀賞及び優秀賞を含む上位5編については、国土交通省が実施する中央審査へ推薦しました。中央審査には、全国から15,246編(応募学校数314校)の応募があり、各都道府県における地方審査を経て選出された189編の中から、中央審査会において36編の入賞者が決定しました。

このうち、本県の吉永茉利香さんの作品は優秀賞(農林水産大臣賞)に、﨑村宙央さんと黒木陽斗さんの作品は入選しました。

なお、本県での優秀賞受賞は、平成20年度(独立行政法人水資源機構理事長賞)以来8年ぶりの快挙です。

中央審査の審査結果はこちらから御覧ください。

水の作文コンクールの実施について

第38回「全日本中学生水の作文コンクール」の実施について

「全日本中学生水の作文コンクール」は、「水の週間」の行事の一環として、次代を担う子どもたちの水資源に対する理解と関心を深めるため毎年実施しており、平成28年度で第38回となります。

皆さんは、普段使っている水がどこからきて、使用後にどこに流れていくのかを知っていますか?
普段、当たり前のように使っている水ですが、実は知っているようで知らないことが多いと思います。
この機会に、水について理解を深めるとともに、皆さんが暮らしの中で体験している水にまつわる話や御両親、先生から学び聞いた話などをもとに、水に対する考えや今後の水の使い方についてまとめてみましょう。

第38回「全日本中学生水の作文コンクール」ポスター(PDF:1,786KB)

H28水の作文ポスター

1.作文のテーマ:

「水について考える」※題名は自由です。

2.応募資格:

宮崎県在住の中学生(平成28年度に中学校に在学中の者、または、これらの者と同じ学齢の方を含みます。)

3.作文形式:

400字詰原稿用紙4枚以内で、日本語により表記された個人作品

4.募集期間:

平成28年4月1日(金曜)~平成28年5月9日(月曜)必着

5.応募方法:

作文には、本文の前(原稿用紙枠内)に「題名」、「学校名(ふりがな)」、「学年」、「氏名(ふりがな)」を記入し、次の宛先に送付してください。

6.応募先:

〒880-8501宮崎市橘通東2丁目10番1号
宮崎県総合政策部中山間・地域政策課
「全日本中学生水の作文コンクール」係

詳しい応募方法は、下記の応募要領をご覧ください。

第38回「全日本中学生水の作文コンクール」の審査について

県において地方審査を行い、優秀作文10編以内を選定します。そして、特に優秀な作文(5編以内)を中央審査に推薦します。
7月上旬に開催される中央審査会で、入賞作文(最優秀賞、優秀賞及び入選)を決定します。
中央審査の最優秀賞及び優秀賞の受賞者は、国土交通省等が主催して行なう「水の週間」の行事(東京都で開催予定)に招待され、表彰が行われます。

中央審査の入選者は、県庁に招待し、県が表彰等を行います。
中央審査の入選者を除く地方審査の入賞者は、各学校長が賞状等を伝達します。

賞及び副賞

  1. 地方審査
    • (1)最優秀賞1名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・賞状、副賞
    • (2)優秀賞2名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・賞状、副賞
    • (3)入選7名以内・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・賞状、副賞
    • (4)地方審査に応募された方のうち、(1)から(3)以外の方全員・・・・・参加賞
  2. 中央審査(予定)
    • (1)最優秀賞(内閣総理大臣賞)1名・・・・・・・・・・・・・・・・賞状、副賞
    • (2)優秀賞(厚生労働大臣賞ほか)8名程度・・・・・・・・・・・・・賞状、副賞
    • (3)入選30名程度・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・賞状、副賞
    • (4)佳作((1)から(3)までを除く「中央審査」対象者全員)・・・・・・記念品
    • (5)一日事務所長体験
      最優秀賞及び優秀賞受賞者受賞者のうち、希望者については、在住地域の地方整備局又は水資源機構の現地事務所等において、「一日事務所長」の体験(管内巡視、PR活動等)をしていただけます。

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部中山間・地域政策課

電話:0985-26-7036

ファクス:0985-26-7353

メールアドレス:chusankan-chiiki@pref.miyazaki.lg.jp