宮崎県病院局

ホーム > 病院局の概要 > ごあいさつ

ごあいさつ


 宮崎県病院局ホームページを訪れていただきありがとうございます。


 宮崎県には、県央、県北、県南の各地域に県立病院が1施設ずつあり、それぞれ置かれ
ている地域の医療事情は異なるものの、医療資源の乏しい本県の現状を踏まえると、今後
とも、3次救急医療・がん医療など多数の診療科の連携による総合性を活かした医療の提
供や、感染症医療・災害医療など社会的要請により政策的に対応すべき医療の提供、そし
て、地域の医療機関との連携強化・地域医療の確保といった役割や機能を担っていく必要
があります。

 このため、病院局では、平成27年3月に宮崎県病院事業経営計画2015を策定し、
今後、医療を取り巻く環境が急速に変化する中で、県立病院として期待されている役割や
機能を十分に果たし、県民に高度で良質な医療を安定的に提供するため、次のとおり基本
方針及び経営目標を定め、事業運営の充実・強化を図ってまいりたいと考えております。

1 基本方針

(1) 質の高い医療の提供とそれを支えるスタッフの確保・充実
     これまで以上に県民ニーズを踏まえた高水準の医療を提供していくとともに、これ
   れらの質の高い医療を支える医療スタッフの確保と育成を図っていきます。


(2) 県民が安心できる医療提供体制の構築
     救急医療の体制強化や震災等の緊急時の医療を提供する災害拠点病院としての機能
   強化、感染症を受け入れる機能の充実を図ります。

(3) 患者サービスの向上と地域連携の強化
     医療相談体制の強化やチーム医療の推進等により患者サービスの向上を図ります。
   また、切れ目のない医療・介護サービスの提供が図られるよう他の医療機関等との連
   携を強化します。


(4) 地域医療の充実等への貢献
     地域医療を担う医師として、幅広い臨床能力(総合診療能力)と専門診療能力を有
   する医師の育成・確保を図るなど本県の地域医療の充実に貢献します。
    

2 経営目標

(1) 病院事業全体での収支均衡の確保
     経営分析に基づく収益確保や職員一人ひとりが経営者の感覚を持って経営改善に取
   り組むことで病院事業全体での収支均衡を図ります。


(2) 経営状況も勘案した計画的な投資(施設の更新等)
     施設や設備の更新にあたっては、経営状況や後年度負担に十分留意した上で、計画
   的な投資を行います。

 最後になりますが、県立病院の各医療スタッフにおいては、県立病院が県民の皆様にと
って「魅力ある病院」となるよう、昼夜分かたず、日々懸命に緊張感を持ってがんばって
います。これまで同様、引き続きご理解とご協力をいただきながら、県民医療の提供に努
めてまいりたいと存じますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。





                                                   宮崎県病院局長



ページの先頭に戻る