宮崎県病院局

ホーム > 病院局の業務 > 電子カルテ

電子カルテ

お知らせ

2006年1月1日に宮崎病院、2006年5月1日に延岡病院及び日南病院へ電子カルテシステムが導入されました。

2013年には県立3病院におきまして、電子カルテシステムを新システムへ更新しております。

電子カルテシステムの更新により、これまで以上に質の高い医療やサービスの提供に努めてまいります。


電子カルテシステムとは・・・


 電子カルテシステムは、患者さまへの直接的なメリットとして次のようなことがあります。

【その1】

カルテや看護記録及び検査結果などの医療情報を一元化、共有化することにより、医療の質や安全性が向上します。
 (例)患者さま本人と、実際に投与する医薬品、注射、血液コードの読み取りマッチングにより医療ミスなどを防止します。

【その2】

インフォームド・コンセントの充実などにより、安心・安全な医療サービスを提供します。
 (例1)医師が、診察時に患者さまに対して、パソコン画面により症状(検査結果等)をわかりやすく説明できるようになり、患者さまとの信頼関係が向上します。
 (例2)看護師がパソコンをベッドサイドまで持参することにより、ベッドサイドにおいて患者さまに対し、治療の経過等の情報提供が可能となり患者さまの安心度が増します。

【その3】

患者さまの診療情報は、医事会計システムと連携し管理されますので、迅速で効率的な会計処理ができます。


◎ この他、電子カルテには、病院運営、経営の効率化につながる様々なメリットがあります。

ページの先頭に戻る