みやざきの百一人ロゴ 日高亀市(ひだかかめいち)1845(弘化2)年〜1917(大正6)年


●ブリ「大敷網」を完成
 「ブリ大尽」の呼び名で知られていた日高亀市は、現延岡市赤水の網元の家に生まれ育つ。
 当時の沖合には1月から3月にかけて、毎日のようにブリの大群が押し寄せていた。だが浜の漁民たちは、従来の1本釣り漁法に頼るしかなく、何とかこれをまとめて獲りたいというのが、父・嘉右衛門のかねてからの夢だった。
 亀市はその意志を継ぎ、新しい漁法の考案に没頭し、1875(明治8)年、「ブリ沖廻し刺網」を完成。翌年2月には一綱3千匹の漁獲を上げ、また翌月には7日間で5万匹を水揚げする。しかし周囲がこの漁法を取り入れ始めたため、ブリの回遊量が減り、さらに改良した網作りが必要になって来た。
 91(同24)年、彼は東京水産伝習所を卒業した長男・英三郎と共に、「大敷網」の研究に取り組み、失敗を重ねた末の翌年2月29日、ついに一網3千匹の漁獲に成功する。この大漁は漁期の終わりまで続く。こうしてブリ定置網漁業の新時代が幕を明ける。
 1910(同43)年彼はさらに「大謀網」を考案、漁期を通し18万2千匹のブリを水揚げする。以来赤水の加工場から、関西方面へ送り出されるブリの数は、年ごとに増えていく。亀市はこの成功によってばく大な利益を手にし、「ブリ大尽」として全国にその名を知られるようになる。またこの大謀網は前年ロンドンで開かれた、日英博覧会にも出品され、見事1等賞の栄に輝く。
 日高亀市はこうして築いた財産を、地域社会に還元し72歳で亡くなる。ブリ漁にかけたその生涯を記念し、赤水湾を見下ろす台地に、彼の石像が建てられている。(原田 解)
メモ
◎ブリ見山の亀市
 ブリ漁最盛期のころ、日高亀市は赤水湾を一目で見渡せる「ブリ見山」に登り、沖を行くブリの大群の動きを、長年の経験で監視しながら、眼下の各漁船に対して、追い込みのタイミングや展開を、手旗で合図していた。
 晩年の彼は、そうした思い出にひたるかのように、往復2時間近くかかる山道を、人力車に揺られて毎日のようにブリ見山に登り、海を見つめていたという。赤水地区の台地に建つ石像は、そうした姿を彷佛(ほうふつ)とさせる。
◎ブリ御殿
 地元民から「ブリ御殿」と呼ばれて来た。船着場を持つ日高家の広大な屋敷は、今も古き良き時代の名残りをとどめ保存され、かっての港の賑わいをしのばせてくれる。国道10号線から近いこともあって、見学に訪れる人も多い。


日高亀市の写真
日高 亀市







日高家の写真
地元民から「ブリ御殿」と呼ばれた日高家の広大な屋敷

目次へ
29 中瀬 淳のページへ
31 網代 幸吉のページへ