みやざきの百一人ロゴ 鈴木サト(すずき)1849(嘉永2)年〜1922(大正11)年


●青島ういろうの創始者
 宮崎市の観光地青島に名物の「ういろう」という米粉の蒸しだんごがある。1877(明治10)年ごろから鈴木サトが売るようになったといわれる。
 明治の初めごろ、サトは夫種吉の山林業を助けながら折生迫で小さな旅館を営み、泊まり客に地元に伝わる「もち菓子」を茶受けに出していた。
 そのころ、同市の郡司分(ぐじぶん)の談議所の近くに茶屋があり、そこで出す「いりこ餅(もち)」がおいしいという評判で、青島参拝の人々は必ずその茶屋に立ち寄った。勝ち気なサトは「もち菓子」の改良を思い立ち、失敗を繰り返しながらも持ち前の粘りでようやく作り上げた。改良された「もち菓子」は、「おサト羊かん」と呼ばれるようになり、間もなく「いりこ餅」とならぶほどの人気をとり青島の名物となった。売れ行きも日を追って多くなり、1883、4(同16、7)年ごろには「いすず亭」という店を出すようになった。
 「おサト羊かん」が「ういろう」にかわった理由や時期は分からないが、旅の薬屋が「おサト羊かん」のおいしさに気に入り、味が薬の外郎(ういろう)に似ているので「ういろう」としてはどうかと言ったので、サトが「ういろう」と命名したということである。
 サトは意志が強く親切で世話好きだったので、よく漁師の心配ごとを親身なって世話し、また、日曜には多くの師範学校や宮崎中学の生徒が遊びに行ったという。
 そのようなサトのことをはやり歌に“戸崎ならびの青島さまよ 出船入り船巡航船 おサトが取り持つ縁かいな”と歌い込まれた。サトがいかに親切でだれからも好かれる人物であったかということを物語っている。(前田 博仁)
メモ
◎ういろう
 ういろう製法は、うるち米を水に浸し水を切り、うすでひいた米の粉に砂糖湯をまぜてよくこね、セイロ(蒸し器)に入れて蒸す。蒸し上がったういろうは、糸で決まった大きさに切り、昔はクマダケランに包んで売った。色は白砂糖を使った白色と黒砂糖を使った茶色がある。
 現在はまきをたいてセイロで蒸すという伝統的なういろうを作る人はほとんどいなくなった。圧力がまで大量に作るようになり、また、白砂糖と黒砂糖の伝統的なういろうに加えて、イチゴやヨモギ、抹茶などを入れたピンクや緑色のういろうも売っている。

 談議所 政治的な意見や考えを自由に述べ合えるような場所のこと。宮崎市と青島の中間、郡司分にあった。


鈴木サトの写真
鈴木 サト







宮崎市青島の写真
白砂糖、黒砂糖の伝統的なういろうだけでなく、いまはイチゴやヨモギなどの入ったものもある(宮崎市青島で)

目次へ
31 網代 幸吉のページへ
33 磯貝 一のページへ