益田玉城(ますだぎょくじょう)1881(明治14)年〜1955(昭和30)年


●帝展で無監査の画家
 美人画の名手と呼ばれ、官展で華々しく活躍した日本画家の益田玉城は1881(明治14)年、現在の都城市松元町で出生。本名を珠城(たまき)。幼いころから絵に親しみ、物心がつくころには都城最後の狩野派画人だった赤池南鳳(なんぽう)に師事。16歳で京都美術工芸学校に学んだ。
 病弱のため休学し、1900(同33)年、今度は東京美術学校日本画科専科に入学、卒業後は円山四条派の川端玉章門下となる。その傍ら、図画科教員免許を取得していたことから東京女子美術学校で教壇に立ち、さらに師の玉章が創立した川端画学校の教授に迎えられた。
 1914(大正3)年の東京大正博覧会で「花ぐもり」が褒状を受け、翌年の第9回文展でもかのこ絞りの下町娘をモデルにした「かの子屋の娘」が褒状37点の中に入り、翌年から文展の常連となり、帝展にも「笛の音」など話題作を発表した。
 川端画学校の教授を辞したあとは絵に専念、自宅で門下生を募り、教え始めた。東京・雑司が谷の画塾には30人を超える人たちが集まってきた。1931(昭和6)年、第12回帝展に出品した「姫街道」で無鑑査に推挙され、画家としての地位を不動のものにした。
 このころ、「昭和の竜宮城」と呼ばれた目黒雅叙園の創業者・細川力蔵と出会い、「玉城の間」の制作を頼まれ、1934(同9)年に完成している。同郷の山内多門と親交を結び、中国へ4カ月の取材旅行に同行し成果を得ている。代表作に「花の渡し」(文展)、「集玉殿の朝」(帝展)、「現代隅田川風景」(同)などがある。(古垣 隆雄)
メモ
◎川端画学校
 宮中の御用画家だった川端玉章が川端画学校を東京・小石川に創立したのは1909(明治42)年。玉章は岡倉天心らとともに東京美術学校の創立に参加、同校の教授となって結城素明(そめい)や山田敬中(けいちゅう)らを育てている。当時の玉章は帝室技芸員のほか文展審査員など務めた日本画壇のけん引者の1人。幹部の門人として玉章の画学校創立に協力した益田玉城は同校の教授に迎えられた。同校は日本画家の育成を目的にし、やがて平福百穂らが育った。しかし、1913(大正2)年、玉章が72歳で亡くなった。洋画部が併設されて川端絵画研究所と名称を変え、洋画壇の中心的存在だった藤島武二(第1回文化勲章受章者)らが教授に加わるなど様相は一転。画学校のこうした運営方針に反対して玉城は教授を辞し、私塾を開いて後進の指導を始めるのである。川端絵画研究所は太平洋戦争で建物を焼失し、自然閉校となった。


益田玉城の写真
制作中の61歳の益田玉城







姫街道の画像
帝展の無鑑査に推挙されたときの作品「姫街道」

目次へ
38 山内 多門のページへ
40 後藤 勇吉のページへ