日高孝次(ひだかこうじ)1903(明治36)年〜1984(昭和59)年


●国際的な海洋研究者
 現佐土原町下田島の素封家に生まれ、旧制七高を経て、1926(昭和元)年東京大学理学部物理学科を卒業。七高時代、天文学を志したが、教授村上春太郎が物理学に進むことを助言、このことが彼の一生を決定した。
 卒業と同時に中央気象台に勤務、蜃気楼(しんきろう)や黒潮の水槽実験に関する論文をまとめ、海洋学者として歩み出す。翌年、神戸の海洋気象台に移った。
 1932(同)年、東大から理学博士号を授与され、翌年には学士院賞を受賞、学士院会員となった。対象となった論文は、海や湖における水の振動の力学的研究及び海流理論で、審査員の寺田寅彦によって「湖海の振動及び海流に関する海洋物理学的研究」という題目にまとめられたものであった。
 1942(同17)年、東大教授となり、地球物理学理学教室で海洋物理学を講義。この後も海上の音波伝播(ぱ)、津波観測、海流輸送などを研究した。そして、1948(同23)年に日本海洋学会会長に就任した。
 東大在任中において、特筆すべきことは1962(同37)年の「東京大学海洋研究所」設立であった。開設と同時に所長に就任。1964(同39)年、定年退官した。
 1966(同41)年、海洋研究者の最高の栄誉である「モナコ大公アルベール1世記念賞牌」を、日本人として初めて受賞した。なお前年に宮崎県文化賞を受賞した日高次吉は、彼の長兄である。(岩切 悦子)
メモ
◎日高パーティー意義
 日高は、終戦直後、妻・艶子と自宅を開放して、若い男女の社交グループを開いた。その参加者は、30年余でおよそ5万人、結ばれたカップルは5,000組に達した。
 本人は3度結婚した。最初の妻は病で実家に戻り、2度目の妻は病死、そして3度目の妻が艶子である。艶子は、大阪で美容院を経営、米国に留学するなど行動的な女性であった。
 彼は、終戦直後の進駐米兵がもたらした“自由”を、青年達が無批判に受け入れることを恐れた。そして、国際的にも通用するマナーこそこれからの日本を担う青年に大切との思いから、後に「日高パーティー」と称された社交場を発足させた。
 結婚相談所とも誤解され、学者の本分を忘れているとの痛烈な批判もあった。が、臆するところなく信念を貫き、時間を削ってでもパーティーを主宰した。艶子との共著に『エチケット』などがある。


日高孝次の写真
晩年期の日高孝次







鶴九城跡の写真
七高造士館があった鶴九城跡(鹿児島市)。いまは歴史資料館などが建つ

目次へ
50 門川 暴のページへ
52 渡辺 修三のページへ