渡辺修三(わたなべしゅうぞう)1903(明治36)年〜1978(昭和53)年


●戦後詩壇支えた寵児
 延岡市尾崎町に生まれた。兄は画家の謙二郎、弟は彫刻家の小五郎。1921(大正10)年旧制延岡中学を卒業、早稲田大学英文科に入学。西条八十に師事し、村野三郎らの詩誌『棕櫚の葉』や佐藤惣之助の『詩之家』に参加し、久保田彦穂(椋鳩十)、潮田武雄とともに『詩之家』の三羽ガラスといわれた。
 1928(昭和3)年処女詩集『エスタの町』(詩之家出版社)を刊行、モダニズムの旗手として一躍詩壇の寵児(ちょうじ)となり、『詩と詩論』『リアン』『詩法』などに作品を発表し第一線で活躍を続けた。
 1933(同8)年第2詩集『ペリカン嶋』(ボン書店)を、1936(同12)年第3詩集『農場』(糧発行所)を刊行。戦中、戦後は地元の文芸誌『龍舌蘭』や『九州文学』にかかわる一方、個人誌『珊瑚樹』『大鴉』などを発行した。
 また戦後の荒廃と虚脱から立ち直ろうと「黒岩文化懇話会」を結成して農村青年と交わり、詩誌『花束』で本多利通、みえのふみあき、田中詮三などの若い詩人を育てた。1960(同35)年第4詩集『谷間の人』(東峰書院)は、翌年のH氏賞候補となるが、著名詩人という理由で除外された。
 1965(同40)年第5詩集『塩と天幕』(九州文学社)、1967(同42)年歌集『鬼哭集』(一樹社)、1968(同43)年第6詩集『亀裂のある風景』(国文社)をあいついで刊行。1961(同36)年宮崎県文化賞を受賞。そのほかの主な作品は『日本現代詩大系』(河出書房)「世界現代詩辞典」(創元社)『日本近代文学辞典』(講談社)『現代詩人全集』(角川書店)などに収録されている。(本多 寿)
メモ
◎渡辺家の環境
 渡辺家は代々庄屋だったが、明治時代に入り、父民三郎の代になると酒造業を営み、後に山林業に転ずる。民三郎は徳富蘇峰の「国民新聞」を愛読し、1899(明治32)年、26歳の時に初めて徳富蘆花に出会い、終生師事し親交を重ねた人である。
 生家の書庫には2万巻の書物があったという環境で育った修三は、中学時代からトルストイ、シェンキイッチ、ツルゲーネフなどを読み、すでに漢詩や詩歌を書いていた。
 また、兄謙二郎は画家、弟小五郎は彫刻家であった。2人とも若死にしているが、それぞれに優れた才能を開花させての死であった。謙二郎42歳、小五郎29歳。2人の作品は県立美術館に収蔵されている。
 渡辺修三は1967(昭和42)年『鶺鴒集(しょうりょうしゅう)』(自家版)を刊行し2人の絵と彫刻の業績を紹介している。渡辺家の豊かな芸術的環境が3人の芸術家を育てたといっても過言ではないだろう。


渡辺修三の写真
渡辺 修三







黒岩園の写真
戦後すぐのころ、農村青年たちが訪れていた渡辺の黒岩園(茶園)

目次へ
51 日高 孝次のページへ
53 中村 地平のページへ