谷村博武(たにむらひろたけ)1908(明治41)年〜1977(昭和52)年


●小市民的心情をうたう
 1908(明治41)年軍人であった父、定規の2男として任地千葉県幕張で生まれた。中学時代から詩作をはじめ、宮崎の詩誌『青銅』の同人として作品を発表。早稲田大学高等師範部に入学、中西悟堂主宰の『闊葉樹』同人として詩作活動を展開した。
 1932(昭和7)年宮崎県庁に入庁。個人詩誌『南方通信』を発行し、各県の詩人と交わりを深め、『九州詩壇』『新進詩人』などの同人として全国の詩誌に作品を発表した。1938(同13)年には黒木清次、山中卓郎、高橋勇らとともに『龍舌蘭』を創刊。のちに富松良夫、田中長二郎、森千枝らが参加。当初、詩の同人誌として出発したが、やがて小説、短歌、俳句などを加えた総合文芸同人誌として発展していく。
 戦後、一時休刊したが1952(同27)年第2次復刊。現在に至るまで本県を代表する文芸誌として続いている。1998(平成10)年には創刊60周年記念号(通巻149号)を発行。この間、黒木淳吉や金丸桝一など、優れた小説家や詩人を輩出してきた。
 彼は戦時中応召。復員後の1946(同21)年第1詩集『復員悲歌』(西部図書)を刊行。1953(同28)年第2詩集『痛苦と回復』(龍舌蘭社)、1962(同37)年第3詩集『南国の市民』(詩学社)、1967(同42)年第4詩集『炎天』(龍舌蘭社)を刊行。明快な詩風と健康な詩精神で小市民的世界を創出した。
 一方、宮崎県詩の会の代表として本県の詩の育成に力を尽くした。1964(同39)年に県文化賞、宮崎市文化功労賞を受賞。他にユニークな著書『宮崎県野球史(高校篇)』がある。(本多 寿)
メモ
◎2人の見方
 1953(昭和28)年に出版された谷村の第2詩集『痛苦と回復』をめぐって、黒木清次と山中卓郎の谷村評がある。
 「その詩作品は、生の肯定感、健康さをいささかも失っていない。たとえ、いためられた肉体や、乏しい生活、暗い心象をうたっても、おのずからそこには本質的な明るさが起伏する。南方的な詩人としての特異さがどの作品にも流れている(中略)詩人としての稟質が、素直に、強く作品をささえている」(黒木清次)。
 「どちらかといえば、詩人谷村は内奥に沈殿するよりも、むしろ外部に向って上昇する。もちろん彼も懐疑し、思索し、迷いつづけて独白する。だが、案外その独白が読者に迫ってこないのは何故だろう。(中略)作品構成の場において相前後する明るい外部風景と、必ずしも密接に結びついていないようである」(山中卓郎)


谷村博武の写真
谷村 博武







家の写真
谷村が詩作を続けてきた家

目次へ
74 楢木 範行のページへ
76 黒木 清次のページへ