比江島重孝(ひえじましげたか)1924(大正13)年〜1984(昭和59)年


●伝承者探し民話採集
 比江島重孝が民話採集を始めた昭和20年代後半まで、宮崎県の民話調査はほとんど進められていなかった。彼はそのことに気付き驚いて調査を始めた。民話採集は、まず伝承者探しからであった。多くの昔話伝承者を発掘したが、なかでも100話クラスは石山吉五郎(清武町)、永野伊作(佐土原町)、西原ハツ(西都市)たちであった。未調査の地で、古老を捜しては話を聞き、再話し、本にまとめた。この作業は生涯にわたり続けられ、県内の昔話が広範囲にまとめられた。
 1924(大正13)年、現新富町下富田の横江に生まれた。子どものころ、母親にせがんで昔話をよく聞いていたといい、「小僧改名」「法事の使い」「お銀小銀」などは繰り返し聞き、大人になっても鮮明に覚えていた。1942(昭和17)年、大邱師範学校(現韓国)を卒業し、戦後宮崎に引き揚げた。1947(同22)年、川南小学校教諭をふりだしに、県内各地の小学校を歴任し、その地域の民話を精力的に採集した。多忙な校長時代にも民話の採集に努めた。
 また、子どもたちとともに暮らす生活を発想の原点に、『かっぱ小僧』(理論社)をはじめとした童話の創作も手がけるようになり、1977(昭和52)年には第1回石森延男児童文学奨励賞を受賞した。また、民話研究によって、宮崎日日新聞文化賞(同46年)・県文化賞芸術部門(同52年)・勲五等雙光旭日章(同59年)を受章した。(渡辺 一弘)
メモ
◎民話集と童話集
 民話集には『日向の民話 第1・2集』(未来社、昭和33・42年)や『半ぴのげな話』(未来社、同34年)『宮崎のむかし話第1集』(鉱脈社、平成10年)などがあり、『塩吹き臼』(桜楓社、昭和48年)では著名な民俗学者臼田甚五郎が比江島の業績をたたえる序文を寄せている。
 童話集には『かっぱ小僧』(理論社、同35年)、『これはどっこい』(さ・え・ら書房、同46年)、『荒野の少年』(現代出版社、同年)など10数冊の作品を残している。太平出版社から「山の分校シリーズ」として『カラス先生のじゅぎょう』など6冊を刊行している。
 また、石井十次の子供向け伝記である『タンカ タンカ タンタン−みなし子の父・石井十次』(さ・え・ら書房、同49年)など歴史分野の作品も手がけた。


比江島重孝の写真
比江島 重孝







著作の写真
比江島が採集し出版した民話、童話の著作

目次へ
93 沢 武人のページへ
95 中村 林太郎のページへ