みやざきのうたと芸能101ロゴ 平群十五夜踊

 
●女性だけで威勢よく
 平郡(へぐり)地区の女性が中心になって踊る。白鉢巻きに青たすき、胸に一尺二寸(直径約40センチ)の太鼓をかけ、浴衣に手甲、脚半、わらじがけ、腰に印ろうを下げる。
 踊り手の人数に制限はない。輪になって、鉦(かね)に合わせて太鼓を打ちながら踊る。当初は、男の踊り手が、背中に家紋入りの矢旗を背負って踊ったといわれる。
 頭には毛頭をつけ、腰には小刀を差していたが、女性の踊りとなってからは、衣装が現在の形になった。伴奏は鉦3人、拍子木1人、うたい手2人、三味線1人である。
 踊りは「出端」「長崎オランダ」「孝女いと」「江戸いたこ」「斉藤太郎左衛門」「姫三社」「引端」の7つで構成。歌詞には
 長崎のオランダ船の出る時は 石火矢 放して出るわいな
 いとどやさしきお前の姿 見るに見ものよ 嵐山 こちゃ春雨がうらめしや
と異国情緒が織り込まれている。
  「姫三社」では
 やあー面白の賑わいよや 神も勇める音もやー どんどん 鳴るのも拍子よく
  サノサッサイ 鳴ると鳴らぬはチョイ 袖振り手拍子 イヤ ドッコイ
と威勢がよい。
 稲作の豊穣と牛馬の守護を願って、地区の大将軍神社に奉納する。農耕儀礼に深くかかわった芸能なので、作の神、牛馬の神、水の神、厄難よけの神などに祈願する。
 踊りの起源については、安政のころ(1854〜59年)、平郡村の鳥海軍右衛門、杉田亀次郎ら5人が霧島宮の参詣途中、小林でこの踊りを見て感銘し、帰村後に村人たちを説いて取り入れたという。小林から師匠を招いて、村の若者たちに習得させたので、以後この集落に伝承された。
 踊りに使われている鉦に「天保3(1832)年」の銘のあるものがあり、伝承の時期は口伝より早かったのではないかともいわれる。
 戦後途絶えていたものを昭和30年に集落の女性たちが復活させた。
 女性ばかりの踊り手で十五夜踊りを奉納するのは珍しい。長崎から小林に伝わったともいわれる。歌詞に「長崎オランダ」があるのはそのせいであろうか。
甲 斐 亮 典
メモ
 かつて平郡村の若者たちは、15歳になるとこの踊り組に加わったという。十五夜踊りのとき大将軍神社で綱引きが行われていた。東西に分かれ、その勝敗で農作の豊凶を占う習わしがあった。異国情緒を感じさせる踊りが、遠く日向に伝わったというのも伝承芸能の面白さである。毎年9月下旬の日曜日に行われる。問い合わせは西都市観光協会へ。





平群十五夜踊の写真
豊作を祝い、水神に感謝し、
女性が輪になって踊る
(西都原古墳祭)


目次へ 1 荒踊のページへ
3 元禄坊主踊のページへ