みやざきのうたと芸能101ロゴ 花づくし

 
●花名並べたわらべ歌
 もう30年も前のことになる。花の名前だけを並べたわらべ歌を北方町のおばあちゃんが歌ってくださった。
 全国に類を見ないこの歌を聞いた時の驚きと喜び、今も忘れることができない。「全国わらべ歌全集・各県別」を取り仕切っていた出版社の担当者も驚いておられたのが印象に残っている。
 花づくし 花は数あるその中で わけて見事に咲く花は ぼたん しゃくやく 山吹桜
  梅に椿に 萩 女郎花(おみなえし)ききょう 朝顔 桃 つつじ 百合にあじさい
  花枯らし かきつばた れんげ草 こぶしに水仙 枯尾花 たんぽぽ すみれに 花かいどう
 この歌、さっそく子供たちに歌わせてみた。驚きと喜びの表情。まぎれもなくいい歌を与えた時の反応だ。
 とにかく歌いやすく、覚えやすい。陽音階という日本人の基底にある音階でできているからでもあろう。それに花名と花姿を覚えるという知的関心をも呼び起こす。
 歌はまたたく間に全校に広がり、他校にも伝わっていった。
 やがて、全国音楽教育研究大会の研究演奏(都城市)などにも取り上げられ、参加者の関心を呼ぶこととなった。
 厚手大型のカード、表面に花名、裏面に花絵を描き、歌詞に合わせてカードを高くかかげる、という演出はまことに効果的で、平成11年宮崎で聞かれたグリーン博みやぎきでは、北方町の下鹿川の全校児童がこのスタイルで演奏した。
 ところで、花といっても今、私たちの周りには外国から入ってきた花も多い。カタカナで表記するいわゆる洋花である。
 そこで、1番で和花、2番に洋花、という発想で書いたのが次の歌詞である。
 花づくし 花は数あるその中で わけて見事に咲く花は ダリア コスモス パンジー
  ポピー カンナ ペチュニア ベゴニア チューリップ ストック アネモネ ゼラニューム
  セントポーリア カーネーション アマリリス シネラリア ノースポールに フリージア
  サルビア ヒヤシンス シクラメン
 この歌の演奏について教室やステージでの演奏も効果的であるが、全校児童が体育館に□の形に向かい合い、カードを上げ下げする演出もいいものである。体育館が一面のお花畑になり、花への関心と感動を一段と高めるように思うからである。
高橋 政秋
メモ
 花の名前だけでできた「花づくし」。○○づくしという歌は民謡などにも見られるが、日本民族が昔から愛し育て続けてきた花の名がずらりと並ぶ。本文で述べたカードを持った歌い方、花への関心と愛着を育てる一助となるのではなかろうか。試みてほしい。





花づくしのさし絵


目次へ 97 はとととんびとのページへ
99 あずきあずきのページへ