消費者トラブルの事例紹介

利用覚えのない料金請求 相手に連絡せず無視!

 スマートフォンのショートメッセージ機能やハガキを使って架空の料金を請求し、お金などをだまし取る、架空請求に関する相談が多く寄せられています。  

質問


スマートフォンに、大手通信販売会社を名乗り「有料動画の未納料金を請求する」というメールが届いた。利用した覚えはないが、どうしたらよいか。

回答 これは、不特定多数の人へうその請求内容のメールを送りつけ、お金の支払いを強要する「架空請求」と呼ばれる手口です。
 メールには、「本日中に連絡しないと法的手段に訴える」など、不安をあおる文言が記載されていることが多いのですが、決して相手に連絡をしてはいけません。
 連絡をすると、コンビニでプリペイドカードを購入させられ、カード番号を騙し取られたり、「支払番号」を伝えてコンビニのレジでお金を支払わせるなど様々な方法でお金を騙し取ろうとします。
 利用した覚えのない請求は、連絡などせず、無視してください。
 また、最近は公的機関のような名称を使い「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」などと書かれたハガキを送りつける架空請求も増えています。
 なお、こういった架空請求の解決をうたう無料相談窓口に相談し必要のない別途料金を請求されたといった二次被害も発生しています。     
  請求された内容に不安を感じたりした場合は、消費生活センターに相談しましょう。