先輩からのメッセージ

小児患者と家族を支え、対象に寄り添う看護 久保田 方

小児患者と家族を支え、対象に寄り添う看護

久保田 方
所属:県立宮崎病院/入庁:平成26年
○これまでの配属先
H26 県立宮崎病院

県職員を選んだ理由

 看護師免許取得後、一度県外の病院に就職しましたが、その間も地元である宮崎県で働きたいという気持ちが強くありました。
 宮崎県内での再就職を考えた時に、県内の医療において中心的な役割を担っており、高度な医療が提供できる県立病院を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 小児病棟に勤務しており、小児領域の急性期疾患、小児外来や小児の耳鼻科、整形外科等の周手術期の看護を行っています。
 県内の小児医療において中心的な役割を担う病棟であり、日々専門的な疾患や緊急の入院に対し、専門性の高い看護を目指して病棟スタッフと協力しながら業務を行っています。

仕事のやりがいについて

 入院した患者さんが元気になって退院される時に一番やりがいを感じます。
 他にも、日々の看護業務の中で、症状が改善して笑顔が見られた時や、自分の行った看護に対し、感謝されたときにも大きなやりがいを感じ、仕事のモチベーションに繋げられています。
 小児科のため、最初は泣いている子どもも多いですが、患児との関係性を高められるように努めるなかでの反応の変化も見られ、やりがいを感じられる場面になっています。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 もともと運動が好きで、休日にはテニス等のスポーツをしてリフレッシュしています。院内にテニスサークルもあり、自部署以外の人との交流も行えます。
 また、食べることが好きで、おいしいお店を探して、友人と食事をしながら話をすることでストレス解消につながっています。

今後の目標

 小児看護に関心があり、今後も出来るだけ小児領域の専門性を高めて、スキルアップしていきたいと考えています。
 自分の行う看護で、患者さんやその家族の心身をサポートできるよう、精進していきたいです。県民の皆さんから信頼され、安心できる病院づくりに貢献していきたいと思います。

一日の流れ

8:00 情報収集
8:30 申し送り
8:45 看護業務(バイタルサイン測定、清潔ケア、点滴管理、記録など)
12:30 昼食・休憩
13:30 病棟カンファレンス
14:00 看護業務(入院患者さんのケア、患者さんへの指導、翌日の手術・検査の準備など)
16:30 申し送り
17:15 日勤終了
久保田 方

受験者へのメッセージ

 県立病院は、宮崎県の急性期病院として中心的な役割を果たしており、県民にとって欠かせない存在です。
 また、高度な医療の提供や患者さん中心の医療を目指しており、看護師の教育計画も充実しています。
 自分自身のキャリアの向上と同時に、県民の皆さんを支えていける病院を一緒に作っていきましょう。
 お待ちしています!