ホーム >職員ブログ

平成30年12月25日更新

 元気もり森?!植樹祭

  こんにちは!企業局総務課です。

 

  先日、坂元棚田で有名な日南市酒谷で、緑のダム造成事業記念植樹祭を開催しました。

企業局で行っている電気事業の一環で、発電所に関わるダム上流域の未植栽地を取得し、植樹によって土壌の保水力を高め、緑のダムとして整備し、安定した電力供給につなげていこうという取組です。今回で11回目となりました。

 

  酒谷小学校全校のみなさん、飫肥小学校5年生のみなさんをはじめ、160名以上が参加しての開催となりました。

  前々日まで雨が降り続き、当日も早朝はぱらついていたので、いてもたってもいられませんでしたが、開催中はなんとかもってくれて一安心でした。

 

 

  図師企業局長のあいさつで式典が始まりました。企業局の仕事、緑のダム造成事業の目的等についてお話しがありました。


 

  続いて、来賓の渡辺県議会議員(宮崎県議会文教警察企業常任委員会委員長)より、あいさつをいただきました。

 

  次に植樹の説明です。南那珂森林組合のみなさんが、丁寧に苗木の扱い方を教えてくれました。


 

  続いて参加小学校の児童代表3名による「植樹宣誓」です。元気いっぱい宣誓してくれました。

 

  次は、来賓の方や児童代表のみなさんによる記念植樹です。

うんしょ、よいしょ、重いスコップで一生懸命土をかぶせてくれました。


 

  いよいよ、全員参加による植樹の開始です!
植えるのは、ヤマザクラ、クヌギ、モミジ、ケヤキ、センダンの5種類です。
シャベルで穴を掘るのですが、木の根っこがあってなかなか大変・・・


 

  斜面になっている場所もあるので、すべらないように慎重に。

 

  植樹のあと、お弁当、坂元棚田保存会の皆様がつくってくれた暖かい豚汁をいただき、飫肥小学校のみなさんは酒谷発電所を見学しました。
初めて見学する発電所に、みなさん興味津々の様子です。

 

 

  発電機が大きな音をたてて動き始めると、迫力があります。

 

  寒い中、ご協力いただいた皆様、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
子ども達が名付けてくれた「酒谷元気もり森」が、元気いっぱい、そしてモリモリと大きく成長してくれることを願っています。

 

※下はドローンによる撮影

 

 

 

 


<<次の記事へ   記事一覧へ   前の記事へ>>


ページの先頭へ戻る