ホーム電気事業施設の概要 > 渡川発電所

平成24年4月1日

渡川発電所

発電所の紹介

渡川発電所

 渡川発電所(12,000キロワット)は、昭和13年に河水統制事業として発足した小丸川総合開発事業の一環として建設されました。
 渡川ダムは、発電のほか治水及びかんがい用水の確保を行う多目的ダムです。

 

流域概要図・河川縦断図はこちら(小丸川水系)

発電所の設備の概要

発電所名 渡川発電所
所在地 日向市東郷町下三ヶ字下村2059
水系河川名 小丸川水系
渡川及び小丸川
発電所形式 ダム水路式
最大出力 12,000キロワット
最大使用水量 毎秒16.0立方メートル
最大有効落差 90.70メートル
導水路長 2,109メートル
水圧鉄管長(管径) 155.1メートル(2.8メートル)
水車形式 立軸フランシス
水車最大出力・台数 6,950キロワット 2台
発電機形式・種類 三相交流同期発電機
発電機容量・台数 7,500キロボルトアンペア 2台
主要変圧器形式・種類 屋外用油入自冷式
主要変圧器定格容量・台数 15,000キロボルトアンペア 1台

ダムの紹介

名称 渡川ダム
管理者 宮崎県(河川課)
流域面積 143.1平方キロメートル
種類 重力式コンクリートダム
堤高 62.5メートル
堤頂長 173.000メートル
費用負担割合 治水42.30パーセント
発電57.70パーセント
総貯水容量 33,900,000立方メートル
有効貯水容量 29,900,000立方メートル
外観 渡川ダム

宮崎県(河川課)のダムの詳細についてはこちら


施設の概要のトップへ戻るページの先頭へ戻る