宮崎県総合農業試験場
宮崎県総合農業試験場 ホームへ リンク サイトマップ お問い合わせ
メニューを飛ばして本文へ
試験場の概要 各部・支場の研究紹介 最近の研究成果
各部・支場の研究紹介
各部・支場の研究紹介
   
生産流通部
土壌環境部
生物環境部
生物工学部
作物部
野菜部
花き部
果樹部
畑作園芸支場
茶業支場
亜熱帯作物支場
薬草・地域作物センター
   

土壌環境部

●研究方針

@本県農耕地土壌の変化の実態把握と持続的な農業生産のための土壌管理法の開発や、環境保全型農業推進のための有機物資源の効率的な活用法の開発に取り組みます。

A肥料資源の需給ひっ迫や肥料費高騰に対応した省力・低コスト施肥法や土壌・植物体の簡易診断法の開発に取り組みます。

B地域資源を活用した新肥料の開発支援や、農耕地土壌における地球温暖化抑制効果を解明するための調査等を行います。

●最近の試験研究成果

@土壌多成分簡易分析技術の開発

 土壌分析は分析項目毎に抽出方法、測定方法が異なるため、操作が煩雑で手間を要し、専門の高価な測定機器が必要です。このため、農家や技術員が現場で手軽に分析できる簡易分析法を開発しました。
簡易分析のフロー
 
写真 イオンメーター
イオンメーター
写真 RQフレックス
RQフレックス

A県内で流通する有機質資材の肥効特性

 有機質資材からの無機態窒素、有効態リン酸の生成量は、培養温度の上昇とともに増加する傾向を示すものの、その生成パターンはそれぞれ異なり、特にリン酸は資材による違いが大きいことが明らかになりました。また、カリウムは資材自体の無機態含有率が高く、交換性形態にほとんど変化しないことが分かりました。




●今後の研究

@加工・業務用露地野菜類における省力・低コスト施肥法の開発に取り組みます。

A地域有機質資源(堆肥、燃焼灰、発酵液等)の効率的な利用技術の開発に取り組みます。

B施設園芸における集積養分を活用した土壌健全化技術の開発に取り組みます。

C土壌や作物中の養分を現場で測定できるような簡易診断法の開発に取り組みます。


試験場の概要各部・支場の研究紹介最近の研究成果
Copyright 2004 MIYAZAKI AGRICULTURAL EXPERIMENT STATION Co.,Ltd.All rights reserved.
ページのトップへ戻る