宮崎県総合農業試験場
宮崎県総合農業試験場 ホームへ リンク サイトマップ お問い合わせ
メニューを飛ばして本文へ
試験場の概要 各部・支場の研究紹介 最近の研究成果
各部・支場の研究紹介
各部・支場の研究紹介
   
生産流通部
土壌環境部
生物環境部
生物工学部
作物部
野菜部
花き部
果樹部
畑作園芸支場
茶業支場
亜熱帯作物支場
薬草・地域作物センター
   

畑作園芸支場

●研究方針

 キャベツ、ホウレンソウ、ニンジン、カンショ、サトイモ、ダイコン等の畑作・露地野菜主要品目について、加工・業務用向けの栽培技術や畑かんを利用した高収量・高品質生産技術、緑肥作物との輪作体系による安定生産技術の開発を重点試験研究課題として取り組みます。

●最近の試験研究成果

 寒玉キャベツ「さつき王」の晩秋まき4〜5月どり出荷技術加工・業務向けキャベツについては、加熱調理に適した「寒玉」キャベツの需要が高いことから、品不足となる端境期の4〜5月に出荷可能となる新作型を開発するとともに、適応品種の選定を行い、北・西諸並びに児湯地域において産地化が進みつつあります。

●今後の研究

 6次産業化に対応した大規模露地野菜安定生産技術の開発等の研究の推進のために競争的資金を活用した共同研究に取り組みます。

@6次産業化に対応した大規模露地野菜安定生産技術の開発

  大規模な野菜冷凍加工施設の新・増設に伴い、実需者から、加工向け野菜の供給要望が増加しています。そのため、産地では畑地の集積・大規模化に伴い省力化栽培技術が求められています。
  そこで、業務用野菜として需要が拡大しているホウレンソウ、キャベツ、サトイモ、ダイコンを対象に品種選定、加工向け栽培技術の開発を行います。
写真 乗用型収穫機でのホウレンソウの収穫
乗用型収穫機でのホウレンソウの収穫

A畑かん利用を前提とした畑作物安定生産技術の開発

  本県畑地帯では畑地かんがい事業が進んでいることから、かんがい用水を活用した露地野菜と緑肥を組み合わせた持続的な輪作体系技術を開発します。
  また、新たな畑地用地下灌漑システムを使用した作物栽培に取り組み、畑地かんがいを活用した安定的な栽培技術の開発を行います。
写真 OPSIS地下かんがいシステム
 

B食用カンショの安定生産技術の開発

  近年、食用かんしょの丸いも発生率が高いなど、品質及び収益性が低下していることから、「宮崎紅」「べにはるか」の丸いも率低減栽培技術の開発、ウイルスフリー化等による収量、品質が優れる系統を選抜します。


C焼酎原料用カンショの安定生産技術の開発

  「コガネセンガン」は、貯蔵性、加工歩留まりが低い等の課題があります。また、醸造適性の高い品種や機能性成分を含む品種に対する実需者の高い要望があることから実需者のニーズに合う有望系統・品種の選定及び栽培特性を解明します。
  また、焼酎原料用カンショ栽培は、作業の省力化及び分散化による1戸当たりの栽培面積の拡大が求められています。そこで、植付の早進化、育苗の省力化等が期待される直播栽培技術の確立に向けた試験を行うこととしています。
写真 挿苗(慣行)による定植
挿苗(慣行)による定植
写真 直播き栽培の発芽状況
直播き栽培の発芽状況

試験場の概要各部・支場の研究紹介最近の研究成果
Copyright 2004 MIYAZAKI AGRICULTURAL EXPERIMENT STATION Co.,Ltd.All rights reserved.
ページのトップへ戻る