トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 宮崎県立美術館コレクション展(第3期)の開催について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年10月25日

宮崎県立美術館コレクション展(第3期)の開催について

に4回、多彩なテーマで当館の収蔵作品を紹介するコレクション展。今回は、マグリットや浜口陽三らによる国内外の名品、本県を代表する画家、瑛九や塩月桃甫らの代表的な作品など、約80点を選りすぐり、4つのテーマで紹介します。また、デュフィの油彩画や益田玉城の日本画を初公開します。観覧無料です。

第3期コレクション展のチラシ画像

1

  • 会期:10月12日(土曜日)~12月24日(火曜日)
  • 休館日:会期中の月曜日(祝休日を除く)、10月15日(火曜日)、10月23日(水曜日)、11月5日(火曜日)
  • 開館時間:午前10時~午後6時(展示室への入室は午後5時30分まで)

2

  • 宮崎県立美術館1示室2・32示室4

3

宮崎県立美術館の収蔵作品を次の4つのテーマで紹介します。

宮崎の美術央・県南の美術」

崎県を代表する画家、山内多門や塩月桃甫などの作品を紹介するとともに、県央・県南地区にゆかりのある作家たちの作品を展示します。また、冬の特別展の出品作家でもある益田玉城の作品を初公開します。

「名品セレクション口陽三」

グリットやクレー、初公開となるデュフィなどの海外の名品を紹介するとともに、国内の名品として生誕110年を迎える浜口陽三や、長谷川潔、池田満寿夫らの銅版画を特集展示します。

「瑛九のサーカス」

九の代表作品「VisitorstoaBalletPerformance」、「ブーケ(花束)」などとともに、瑛九がイメージするサーカスに着目した作品を特集して紹介します。

「はじまり-近代イタリア彫刻-」

の彫刻家たちに影響を与えたロッソ、マルティーニに焦点を当て、近現代イタリア彫刻の原点を紹介します。

4ギャラリートーク

日時 テーマ 場所

10月13日(日曜日)後2時~30分程度

第3期コレクション展の見どころ コレクション展

11月10日(日曜日)後2時~30分程度

瑛九の魅力 展示室3(瑛九展示室)
12月8日(日曜日)後2時~30分程度 国内外の名品 展示室2

お問い合わせ

宮崎県立美術館
〒880-0031宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
電話番号:0985-20-3792(代表)
ファックス番号:0985-20-3796
メールアドレス:bijutsukan@pref.miyazaki.lg.jp