トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 特別展「生誕110年記念瑛九展 - Q Ei  表現のつばさ-」の開催について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年10月3日

特別展「生誕110年記念瑛九展 - Q Ei  表現のつばさ-」の開催について

宮崎県出身の画家、瑛九(1911~1960)の生誕110年を記念し、生涯をかけて挑んだ「表現すること」への飽くなき探求の軌跡を、多彩な作品や膨大な資料とともに紹介します。
本展覧会は、宮崎県立美術館の開館を記念した「魂の叙情詩瑛九展」(1996)、「生誕100年記念瑛九展」(2011)に続き、当館が現在に至るまでに収集・調査してきた「瑛九」の全貌を凝縮して紹介するものでもあります。当館が誇る約1,000点の瑛九コレクションから選りすぐった、油彩画やフォト・デッサンなど約200点の作品に加え、特別展示として個人が所蔵する作品も紹介します。ぜひご堪能ください。

ちらし表面瑛九展ポスターB2半裁つばさ

ちらし裏面瑛九展ポスターB2半裁丸のあそび

1期間

  • 期:令和3年10月23日(土曜日)~12月5日(日曜日)
  • 休館日:月曜日、11月4日(木曜日)、11月24日(水曜日)
  • 開館時間:午前10時~午後6時(展示室への入室は午後5時30分まで)

2会場

  • 宮崎県立美術館2階企画展示室

3観覧料

一般700円/割引600円/団体500円/小中高生は無料

  • 団体は、20名以上
  • 全教互会員カード、JAFカード、SD(セーフドライバー)カードをご提示の方本人を含め5名までは団体料金
  • ちらし、ホームページ等のクーポン使用の場合は100円引
  • 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳をご提示の方、本人とその介護同伴者1名は無料

4関連イベント等

展覧会担当による瑛九トーク観覧料

テーマ【毎週木曜日】~「瑛九の多面的な仕事」11月4日を除く
【毎週土曜日】~「瑛九の生涯と画業」

  • 日時:毎週木・土曜日14時00分~(30分程度)
  • 会場:2階企画展示室

大学生による瑛九作品鑑賞授業提案観覧無料

宮崎大学の学生が考えた小・中学生向けの鑑賞授業案を、パネルにして掲示発表します。

  • 会場:2階アートフォーラム

フォト・デッサン体験&鑑賞

注意:フォト・デッサンの体験をした後に、展覧会を鑑賞します。<参加無料>

  • 日時:11月7日(日曜日)13時30分~15時00分
  • 定員:8名(対象:中学生・高校生)会場:1階アトリエ2(暗室)、3、2階企画展示室
  • 会場:1階アトリエ2(暗室)、3、2階企画展示室申込:10月9日(土曜日)10時00分より電話受付0985-20-3792着順
  • 申込:10月9日(土曜日)10時00分より電話受付0985-20-3792※先着順

エスペラント講習会

注意:国際語「エスペラント」での会話を体験し、展覧会を鑑賞します。要観覧料

  • 日時:11月3日(水曜日・祝)13時30分~(30分程度)
  • 定員:10名
  • 会場:2階アートフォーラム・企画展示室
  • 申込:9月29日(水曜日)10時00分より電話受付0985-20-3792先着

お問い合わせ

宮崎県立美術館
〒880-0031宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
電話番号:0985-20-3792(代表)
ファックス番号:0985-20-3796
メールアドレス:bijutsukan@pref.miyazaki.lg.jp