トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 「旅する美術館・わくわくアート」in都城市の開催について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2021年10月16日

「旅する美術館・わくわくアート」in都城市の開催について

あなたのまちに美術館がやってくる!

砂絵によるアニメーションで知られる海外でも活躍中の若見ありささんが、三股町や都城市に伝わる民話をもとに制作した新作アニメーションを上映します。会期中は、若見さんによるワークショップや版画家杉尾龍司さんによる楽しい技法体験、県立美術館収蔵作品の展示など、芸術にたっぷり触れて、わくわく楽しい時間を過ごしてみませんか。

2加工後タビビ


タビビチラシ裏

1開催場所

  • 都城市立図書館(Mallmall)都城市中町16街区15号

2開催期間

  • 11月2日(火曜日)~11月7日(日曜日)

3内容

【アニメーション作品上映】<申込不要>

  • 会場:都城市立図書館プレビュースタジオ
  • 時間:会館中常時(午前9時00分~午後9時00分)1回30分程度
  • 内容:新作アニメーション「ガラッパどんと暮らす村」、「Blessing」、「sandshort」、「Chorus」

【宮崎県立美術館収蔵作品展示】<申込不要>

  • 会場:都城市立図書館ギャラリーA
  • 時間:午前10時~午後5時(最終日は、午後4時まで)
  • 内容:瑛九をはじめ、塩月桃甫、山田新一など宮崎県を代表する作家や、ピカソ、マティスなどの名作を展示します。
  • 学芸員による作品解説:11月7日(日曜日)午後2時~午後2時30分※申込不要

4関連イベント

  • 会場:都城市立図書館
  • 申込:10月2日(土曜日)午前10時~宮崎県立美術館(0985-20-3328)受付

【アニメーションワークショップ】<要申込>

ありささんと、楽しいアニメーションの制作体験ができます。

  • 日時:11月7日(日曜日)1回午前10時30分~正午、2回目午後2時~午後3時30分
  • 内容:都城市に伝わる伝説の巨人弥五郎どんを粘土で作り、コマ撮りアニメーションを制作します。
  • 定員:2~4名の家族またはグループ(各回先着4組)

  • 対象:どなたでも就学児は保護者同伴

【技法体験リトグラフ(版画)】<要申込>

  • 日時:11月3日(水曜日・祝)午後1時30分~午後3時30分
  • 内容:版画家の杉尾龍司さんを講師に招き、水と油の反発を利用した版画、リトグラフの技法を気軽に体験します。
  • 定員:先着10名
  • 対象:小学生以上タビビ技法体験ちらし

参加費

  • 無料

お問い合わせ

宮崎県立美術館学芸課企画・普及担当
〒880-0031宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
電話番号:0985-20-3328(午前10時~午後6時)
ファックス番号:0985-20-3796
メールアドレス:bijutsukan@pref.miyazaki.lg.jp