トップ > 健康・福祉 > 保健・健康づくり > 健康づくり > 延岡保健所:健康管理

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2015年1月5日

延岡保健所:健康管理

こども

こどもについての相談

  • 長期療養児の相談
    疾病により長期にわたり療養を必要とする児童について、各保健所で相談に応じています。
    相談内容により、医師、保健師、栄養士等の専門職が指導等を行なっています。
  • 身体障がい児などの療育相談
    身体に障がいのある児童や機能障がいを招くおそれのある児童を対象に各保健所で治療上の相談や指導を行なっています。
  • 子育ての悩みや不安の相談
    乳幼児の発育や発達などについて専門的なスタッフで相談に応じています。

[延岡保健所トップページへ]

成人

生活習慣病

糖尿病や高血圧、高脂血症などは、食生活、運動、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣がその発症・進行に大きく影響しているため、生活習慣病と言われています。これらは、はじめのうちは自覚症状もなく放置しがちですが、放っておくと全身の血管がいたんだり、狭くなることで、血液の流れが悪くなったりします。(動脈硬化)。その結果、心筋梗塞などの虚血性心疾患や脳卒中といった命にかかわる病気になってしまうことがあります。生活習慣を見直して、病気の発症・進行を予防しましょう。
詳細は、健康日本21生活習慣病を知ろう!をご覧ください。

がん検診

国民の3人に一人が「がん」で亡くなる時代と言われています。「がん」になった本人や家族は思い、悩み、苦しみます。大切な自分自身や家族のために「がん検診」を受けて、早期発見、早期治療をしましょう

延岡市のがん検診については延岡市役所ホームページをご覧ください。

また、県全体のがん情報については宮崎のがん情報をご覧ください。

なお、日本対がん協会においては、医師や看護師等ががんについての相談を受け付けています。

不妊の相談

  • 不妊専門相談センター「ウイング」
    不妊に関する悩みなどをお持ちの方は、一人で悩まないでお気軽にご相談ください。
    専用電話:080(1741)4772
    相談日時:毎月第1・3木曜日(祝日休)午前9時30分から午後3時30分
    詳細は県健康増進課のページをご覧ください。
  • 不妊に悩む方、同じ悩みを持つ人と話をしたい方へ
    「ウイング交流会inのべおか」(ワード:1,535KB)へのお誘い
    延岡保健所では不妊に悩む方、同じ悩みを持つ人と話をしたい方の交流会を開催しています。
    参加して心を軽くしてみませんか?
    定例日時:偶数月第3木曜日(祝日休)午後1時30分から午後3時30分
    会場:延岡保健所「相談室」
  • 不妊に悩む方への特定治療費助成事業
    体外受精又は顕微授精を受けられた夫婦に対して、治療費の助成を行います。
    夫婦一組に対し治療費の『1年度あたり、治療1回につき上限額15万円まで』とし、『1年度目は年3回まで、2年度目以降は年2回まで』を助成します。
    助成期間は通算して5年度までですとし、通算10回を超えないこととします。
    詳細は、県健康増進課のページをご覧ください。

たばこの害・禁煙

  • 有害物質
    たばこの煙には4000種類以上の化学物質が含まれています。その中には60数種類の発がん物質を含む、多くの有害成分が含まれています。
    代表的な有害物質は次のものです。
    <たばこを吸わない人と比較したがんによる死亡の状況男性>
    ニコチン 血圧を上げたり、心拍数を増やして心臓に負担をかけます。
    依存性が強く、たばこをやめられない原因になります。
    タール 発がん性物質が多く含まれており、肺を真っ黒にする原因です。
    一酸化炭素 血液中のヘモグロビンと結びつき、血液が酸素を運ぶのを妨げ心臓への負担を大きくします。
  • 受動喫煙
    たばこの煙は周囲の人の健康にも害をおよぼします。たばこを吸わない人が、知らないうちにたばこの煙を吸っていることを「受動喫煙」といいます。
    たばこの有害物質は、ただよう煙に多く含まれているため、喫煙している人の近くにいると、健康を害する危険度が高くなります。
    平成25年9月に延岡地域・職域の団体・施設を対象に分煙状況調査を実施した結果、分煙達成率は79.8%でした。
    詳細は、「延岡地域・職域の受動喫煙防止対策の現状」(ワード:121KB)をごらんください。
  • たばことがん
    日本人の死因の第1位を占めるがん。
    たばこは肺がんをはじめ、多くのがんの発症にかかわっている発がん物質は、のどから気管を通って、肺で吸収され、血液に乗って全身にまわります。
    したがって、すべての臓器が発がん物質の影響を受けているのです。
    <たばこを吸わない人と比較したがんによる死亡の状況男性>
    食道がん 2.2倍 咽頭がん 3.3倍
    肺がん 4.5倍 喉頭がん 32.5倍
    肝臓がん 1.5倍 胃がん 1.5倍
    ぼうこうがん 1.6倍 膵臓がん 1.6倍
      全がん 1.7倍  
  • 禁煙
    健康のためには、「勇気を出して禁煙宣言」。あなたとあなたの周りの人の健康の為に、さあ、始めましょう!
    周囲の人も禁煙する人を支えてあげましょう。段階別禁煙の進め方については、厚生労働省の厚生労働省の最新たばこ情報をご覧ください。
  • 禁煙・完全分煙化施設の認証制度
    健康増進法第25条で、学校や官公庁、飲食店、百貨店など多くの人が利用する施設では、「受動喫煙」を防止するための対策を行なうことが義務づけられました。
    そのため、このような施設では、喫煙場所と禁煙場所をきちんと区別(分煙)する必要があります。
    完全分煙化に取り組んだ施設には、申請に基づいて、県から「禁煙・完全分煙化施設」の認証書及びプレートが配布されます。
    認証施設の一覧は、県健康増進課のページをご覧ください。
  • 禁煙治療に保健が使える医療機関(延岡・日向・高千穂地区)
    受診を希望される場合は、いずれの医療機関においても事前に電話して、受診可能曜日・時間帯等を御確認ください。
    市町村 医療機関名 所在地 電話番号
    延岡市 米田脳神経外科 惣領町 0982-33-7766
    平田東九州病院 伊形町 0982-37-0050
    杉本病院 三ツ瀬町 0982-33-2626
    小池医院 旭町 0982-32-2766
    岸医院 本小路 0982-34-2021
    黒木病院 北小路 0982-21-6381
    生協クリニックのべおか 浜砂町 0982-26-7100
    みぞくち医院 伊形町 0982-37-8388
    日向市 吉森医院 原町 0982-52-4046
    日向市立東郷病院 東郷町 0982-69-2013
    和田病院 向江町 0982-52-0011
    門川町 森迫胃腸科内科 須賀崎 0982-63-2048
    椎葉村 椎葉村国民健康保険病院 下福良 0982-67-2008
    高千穂町 佐藤医院 岩戸 0982-73-2010

[延岡保健所トップページへ]

女性

女性の健康相談

  • 女性専門相談「スマイル」
    思春期から更年期に至る女性の心や身体の健康に関する相談を行なっています。
    誰にも聞けずに一人で悩んでいる方、お気軽にご相談ください。女性相談員が対応します。
    専用電話:080-1741-4772
    相談日時:毎週火曜日(祝日休)午前9時30分から午後3時30分
    詳細は県健康増進課のページをご覧ください。[延岡保健所トップページへ]

障がい者

障がい児・者の支援ネット

がいの種別を越えた相談支援ネットです。生活の中で悩みや困っていること等、お気軽にご相談ください。

  • 福祉施設を利用したい
  • 就学、就労など進路について
  • 療育やリハビリのアドバイスについて
  • ヘルパー派遣や日常生活の援助制度について
  • 金銭管理について
  • 日常の様々なお手伝いについて
専門スタッフが家庭を訪問し、各種相談に応じます。来所、または、電話での相談にも応じます。
<支援ネット会員一覧>
団体・機関名 電話 所在地
そうだんサポートセンターまゆう 0982-47-3481 北方町角田丑1369-35
(社福)高和会はまゆう園内
そうだんサポートセンターかり 0982-37-0158 櫛津町3427-4
(社福)宮崎県社会福祉事業団ひかり学園内
サポートセンター 0982-26-7155 山下町1-3-5
障がい者生活支援事業所れっと 0982-32-6551 三ツ瀬町1-12-4
(社福)延岡市社会福祉協議会内
延岡市しょうがい者そうだん室びら 0982-20-0501 大瀬町1-9-10
のべおか障害者就業・生活支援センター 0982-20-5283 恒富町4-66
障がい児者・就労体験・就職指導相談事業 0982-37-6433 櫛津町3427
宮崎県立延岡たいよう支援学校内
宮崎県延岡発達障害者支援センター 0982-23-8560 櫛津町3427-4
(社福)宮崎県社会福祉事業団ひかり学園内
延岡こども発達支援センターさくら園 0982-35-8535 古城町4-49
宮崎県立延岡たいよう支援学校 0982-37-6433 櫛津町3427
宮崎県立延岡ととろ聴覚支援学校 0982-37-0313 土々呂町5-2085
宮崎県立延岡しろやま支援学校 0982-29-3715 野地町3-3477-2
宮崎県立延岡しろやま支援学校高千穂校 0982-73-1077 高千穂町大字三井田1234

精神障がい者への支援

保健所では、精神障がいへの理解や、心の健康の増進のための研修会の実施をはじめ、精神障がい者の社会復帰の促進を図るため、家庭訪問や相談、社会復帰施設等の整備、休日等の精神科救急医療体制を確保するための活動などを行なっています。

精神障がい者当事者会(通称:仲間の会)

気や入院の経験をした仲間に出会えるところです。レクリェーション活動をしたり、仲間の中で「自分のこと」を語る中で、孤独や不安に対してゆっくりあせらず、向き合えるところです。
苦しいことは何もありません。同じ悩みを持つ「仲間」がみなさんをお待ちしています。

  1. 日時・会場
    毎月第2・4月曜日・・・延岡市健康管理センター1階
    毎月第3金曜日・・・川中コミュニティーセンター等
  2. 活動内容レクリェーション、ピア・サポート、創作活動、スポーツ等
  3. 問い合わせ先
    延岡市役所障がい福祉課0982-22-7059延岡保健所0982-33-5373

精神障がい者医療費助成

平成18年4月1日から自立支援医療(精神通院)制度により、精神科の病気で医療機関に通院する際にかかった医療費の自己負担分が、原則として医療費の1割となっています。
自己負担額は、属する世帯の所得状況に応じて、自己負担に上限額が設定されます。

詳細は、県精神保健福祉センターをご覧ください。

[延岡保健所トップページへ]

心の健康

心の健康相談

心の病(統合失調症、うつ病、神経症)について、本人に限らず、家族や関係者からの次のような相談を随時受けています。

  • 心の病気かどうか心配である。
  • 家族がどう接したらよいか分からない。
  • 治療や社会復帰について知りたい。
  • 医療費の負担が大変である。
  • 精神障がい者が受けられる福祉サービスについて知りたい。

費用は無料です。相談の上、必要があれば、医療機関の紹介、訪問などを行います。
相談の秘密は厳守し、外部にもれることはありません。

精神科医による心の健康相談

思春期の不安や悩み、ひきこもり、アルコール等の薬物依存、統合失調症やうつ病等の心の病気に関する相談のある本人またはご家族の方はお気軽にご相談ください。

相談日時:毎月第3木曜日午後1時00分から3時00分※相談前日までの予約申し込みが必要です。

保健師による心の健康相談

様々な心の健康に関する相談を保健師が行なっています。また、家庭を訪問し病気療養や精神障がい者の社会参加などについて本人・家族の相談に応じています。お気軽にご相談ください。

電話相談機関

健所のほかにも、さまざまな問題に応じるため、相談体制を有する機関・団体があります。
詳細は、こころ青ねっとをご覧ください。

アルコール乱用・依存相談

アルコール関連問題で悩む本人・家族等の相談は電話にて随時受け付けています。

AA(アルコホリクス・アノニマスの略称)

AAとは、匿名のアルコール依存症者たちといった意味で、いろいろな困難を乗り越えながら、12ステップと12の伝統に守られ、回復の道を歩んでいる仲間の集まりです。
ミーティングを開催しながら、酒を飲まないで生きることを実施しています。

グループ名 日時 会場
のびょうか 毎週木曜日 午後7時00分~8時30分 延岡社会福祉センター(延岡市三ツ瀬町)
ひむか 毎週火曜日 午後7時00分~8時30分 日向カトリック教会(日向市鶴町)
第1・3・5土曜日 午後7時00分~8時30分 一ヶ岡コミュニティセンター(延岡市一ヶ岡)
第2・4土曜日 午後7時00分~8時30分 善正寺(延岡市山下)

アラノン(AI-Anon)家族グループ

アラノン(AI-Anon)は、身近にアルコール依存症者をもち、深刻な影響を受けている多数の人々が、その抱えている問題を「ミーティング」によって分かち合い、互いに解決していこうとする仲間の集まりです。
アラノンの目的は、アルコール依存症者の家族や友人を助け、依存の影響からの回復と人としての成長を図ります。そして、新しく来られる家族や友人を喜んで迎え、安心させ、またアルコールに依存している本人を理解し力づけます。
活動はミーティングによって行われますが、同じ経験を持っている仲間だけが参加できる『クローズドミーティング』が主流です。グループで話されたことや、どなたが来られたかが外部に持ち出されることはありません。グループに出席することで家庭の雰囲気が好ましいものに変わり、失われた自分に対する自信が新しい幸せな生き方の中に築かれていきます。

対象者:問題のある飲酒者から生活や人生に良くない影響を受けた、または受けている家族・友人

  • アラノン九州ISC(インフォメーションサービスセンター)
    〒810-8799福岡市中央郵便局留電話:092(522)0791
    (午前10時00分から午後4時00分木曜・金曜・祝日は休み)
  • 特定非営利活動(NPO)法人アラノンジャパンGSO
    〒141-0033東京都品川区西品川3-18-11-202電話:03(3495)1667
    (午前10時00分から午後5時00分日曜・祝日は休み)

(社)宮崎県断酒友の会延岡支部

飲酒問題に悩んでいる当事者や家族等が参加して、「体験談を聴く・話すこと(例会)」を主な活動としています。

  • 日時:毎月第1金曜日午後7時30分から
  • 会場:川中コミュニティセンター(延岡市桜小路)

 

薬物相談

薬物乱用は、法律で禁止されているばかりでなく、身体や精神、社会的にもさまざまなマイナスの影響をもたらします。
身体的には、手足のふるえや平衡感覚の喪失、貧血、肝臓・腎臓などの障がいを引き起こし、ときには、生命が危険な状態にもなります。
精神的には、酩酊状態や興奮状態になり、幻視・幻聴などの幻覚や知覚異常がみられることもあります。
社会的には、非行や怠学・欠勤、借金などによる生活破綻、対人関係の喪失、犯罪行為など、本人ばかりでなく家族や周囲の人も巻き込んでの問題を引き起こします。
薬物依存等については、県精神保健福祉センターで専門医が相談を受けています。

[延岡保健所トップページへ]

栄養表示

保健機能食品

「保健機能食品」とは、従来からある食品ごとに消費者庁長官の許可または承認を受けなければならない「特定保健用食品」と、新たに類型され規格基準や表示基準が設定された「栄養機能食品」とを合わせた名称のことです。「保健機能食品(特定保健用食品と栄養機能食品)」およびその他の「いわゆる健康食品(健康補助食品)」との分類上の関係は、下図のとおりです。

保健機能食品
医薬品
(医薬部外品
を含む)

特定保健用食品
(個別許可型)
表示内容

  • 栄養成分含有表示
  • 保健用途の表示
  • 注意喚起表示

栄養機能食品
(規格基準型)
表示内容

  • 栄養成分含有表示
  • 栄養成分機能表示
  • 注意喚起表示
一般食品
(いわゆる健康
食品を含む)

特定保健用食品

らだの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含んでおり、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、お腹の調子を整えるのに役立つなどの特定の保健の用途のために利用されることを趣旨とした食品です。

栄養機能食品

高齢者や食生活の乱れなどにより、通常の食生活を行なうことが難しく、1日に必要な栄養成分を摂れない場合など、栄養成分の補給・補完のために利用してもらうことを趣旨とした食品です。

食品の栄養成分表示

栄養成分表示とは、食品に栄養成分表示をする時のルールをつくり、誰もが食品を選択する上で、適切な栄養情報を得られることを目的としています。食品(包装や添付文書など)へ栄養表示をする際は、健康増進法により栄養基準に従った表示が義務づけられています。お菓子やデザートなどを買うときに容器の後ろを見てみましょう。

(例)
栄養成分表示100gあたり
エネルギー 434Kcal
たんぱく質 6.3g
脂質 10.4g
炭水化物 78.9g
ナトリウム 762mg

ナトリウムを塩分になおすと、ナトリウムmg×2.54÷1000=食塩量
この食品の食塩量は、762mg×2.54÷1000=1.94g詳細は、消費者庁(食品表示)のホームページをご覧ください。

[延岡保健所トップページへ]

お問い合わせ

延岡保健所
〒882-0803
宮崎県延岡市大貫町1丁目2840
電話番号:0982-33-5373
ファックス番号:0982-33-5375
Email:nobeoka-hc@pref.miyazaki.lg.jp