トップ > 社会基盤 > 道路・交通 > 道路・橋 > 宮崎県におけるトンネルの維持管理について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2015年10月29日

宮崎県におけるトンネルの維持管理について

宮崎県トンネル長寿命化修繕計画の策定について

本県が管理する国・県道のトンネルは、平成27年4月現在で122本(内3トンネルは隣接県にて実管理)、総延長約50kmのトンネルを管理しています。これらのトンネルのうち建設後50年以上経過したトンネルが24本(約20%)を占めており、20年後には50本となり全体の約41%に達し、維持管理費用の増大が懸念されます。一方で、財政状況はますます厳しくなることが想定され、今後、トンネルに対して効率的かつ効果的な維持管理を継続的に実施する必要があります。

そのため、県では、道路利用者の安全を確保しつつ効率的な維持管理を実現するため、「宮崎県トンネル長寿命化修繕計画」を策定したところです。

今後は、本計画に基づき、定期点検や補修・補強の調査、設計、工事を進め、トンネルの長寿命化とライフサイクルコストの最小化、必要予算の平準化を図り、より安全・安心で効果的・効率的なトンネルの管理を推進していくこととしています。

宮崎県トンネル長寿命化修繕計画

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部道路保全課維持担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7183

ファクス:0985-26-7316

メールアドレス:dorohozen@pref.miyazaki.lg.jp