トップ > 社会基盤 > 道路・交通 > 道路・橋 > 宮崎県道路大型構造物長寿命化修繕計画

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年2月1日

宮崎県道路大型構造物長寿命化修繕計画

本県では、国が策定した「インフラ長寿命化基本計画」に基づき、施設ごとの長寿命化修繕計画策定が義務付けられており、本県が管理する橋梁とトンネル、舗装については、平成26年度までに策定し、効果的な維持管理を行なっているところである。

道路の大型構造物(シェッド、大型カルバート、横断歩道橋、門型標識等)についても、過年度に実施した補修工事や点検結果に基づき、長寿命化修繕計画を策定し、必要予算の平準化など計画的な維持管理を推進するものである。

長寿命化修繕計画の目的

確実に「安全」なレベルを確保するとともに、対症療法的な対応から計画的な予防保全型への転換を図り、予算の平準化と施設の長寿命化を目指す。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部道路保全課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7182

ファクス:0985-26-7316

メールアドレス:dorohozen@pref.miyazaki.lg.jp