トップ > 健康・福祉 > 食の安全・衛生 > 食の安全・安心 > 平成31年度宮崎県食品衛生監視指導計画

ここから本文です。

更新日:2019年3月27日

平成31年度宮崎県食品衛生監視指導計画

成31年度宮崎県食品衛生監視指導計画を公表します。

第1.基本方針

  1. 趣旨
    宮崎県では、これまで食中毒予防の取組や重点的な監視指導の実施、検査体制の整備、食品関係団体との連携による自主衛生管理の推進など食の安全・安心確保に向けて取り組んできたところである。
    引き続き、食品の安全性の確保をより一層推進し、県民の健康保護を図るため、平成31年度における食品衛生監視指導の実施に関する基本的な方向及び具体的な実施方法を定め、重点的かつ効果的できめ細かな監視指導を実施する。
  2. 基本的方向
    1. 食品の安全管理・監視指導体制の充実・強化
      食品の安全性を確保するため、農林水産物の生産から食品の販売に至る食品供給の工程(フードチェーン)ごとに重点的かつ効果的に監視及び検査を実施し、地域に根ざした指導を充実、強化する。また、本県の主要生産物である食肉・食鳥肉の安全性をさらに向上させるため、全てのと畜場、食鳥処理場(認定小規模食鳥処理場を除く)が導入しHACCPによる衛生管理の定着を図る。
    2. 消費者の視点に立った食品の安全確保の推進
      食の安全・安心に関する正しい情報や緊急情報を提供し、意見交換等を行い、食品の安全確保を推進する。
    3. 危機管理に対する適正な対応
      食中毒等食品衛生上の危害を未然に防ぐとともに、発生した場合は関係機関と連携・協力して危害分析及び評価を迅速かつ的確に実施し、人の生命・身体の保護を第一義に対応する。
    4. 食品等取扱業者の自主管理体制の推進
      自主衛生管理を進めるため食品衛生指導員等の養成・資質の向上を図る。

第2.実施体制

  1. 保健所等の体制整備
    県は、監視指導計画に基づき必要な監視指導が実施できるよう、保健所、衛生環境研究所及び食肉衛生検査所等の体制を整備する。
  2. 国及び他の自治体の食品衛生担当部局との連携確保
    大規模な食中毒や輸入食品に係る食品衛生上の問題等が発生した場合は、厚生労働省及び消費者庁に迅速に通報するとともに、連携して必要な対策を講ずる。
    また、総合衛生管理製造過程の承認を受けた施設や輸出食肉を取り扱うと畜場への監視指導は、必要に応じ、九州厚生局と連携して実施する。
    さらに、広域流通食品等に係る食品衛生上の問題や食中毒が発生した場合には、必要に応じ、他の自治体の食品衛生担当部局と連携して対策を講ずる。
  3. 広域的な食中毒事案発生時の関係機関との連携確保
    広域的な食中毒事案発生時には、広域連携協議会を活用し、食中毒の原因調査及びその結果に関する必要な情報を共有し、関係機関等の連携の緊密化を図るとともに、食中毒患者等の広域にわたる発生又はその拡大を防止するために必要な対策について協議する。
  4. 関係部局(農林水産部局等)との連携確保
    生産段階における食品の安全確保、表示違反や規格・基準違反食品の排除及びBSE発生時などの緊急時の迅速な対応等については、「宮崎県食の安全・安心対策会議」(庁内の連携体制)により関係部局と連携して対応する。
  5. 試験検査実施機関の体制の整備等
    保健所、衛生環境研究所、食肉衛生検査所等の各試験検査実施機関の技術向上及び信頼性確保のための精度管理等を行なうとともに、必要な検査機器の整備、並びに検査員に対する技術研修の実施に努める。
    また、試験業務を委託している登録検査機関に対し、委託契約に基づき、業務の適正な管理を求め、定期的に試験の実施状況を確認するとともに、随時、同一検体について県の試験検査実施機関において試験検査を実施し、登録検査機関の精度管理の実施状況の確認に努める。

第3.計画の実施方法

  1. 監視指導事項
    1. 一般的な共通監視事項
      1. 食品衛生法に基づく営業許可施設及び条例に基づく営業等登録施設の監視指導(HACCP導入施設など高度な衛生管理を必要とする施設を含む。)
        1. 食品衛生法等に基づく施設基準、管理運営基準、規格基準、及び表示基準等に適合することの確認
        2. 一般的衛生管理事項、またはHACCPによる衛生管理の実施状況の確認及び指導
        3. 食品表示法の表示基準に基づく適正表示の確認、指導及び指示
        4. 記録の作成、保存の指導及び確認
        5. 食品による健康被害及び食品衛生法違反判明時における保健所長への報告に関する周知徹底
      2. と畜場及び食鳥処理場の監視指導
        1. と畜場法等に基づく施設基準、管理運営基準等についての適合及びその遵守の確認
        2. 輸出食肉を取り扱うと畜場に対しては、輸出相手国の認定要綱等に基づく施設基準、管理運営基準等についての適合及びその遵守の確認
        3. 一般的衛生管理事項及びHACCP導入型基準による衛生管理の実施状況の確認及び指導
        4. 記録の作成、保存の指導及び確認
    2. 重点監視事項
      1. 食中毒予防対策(食品供給工程(フードチェーン)の各段階を含む。)
        1. ノロウイルス食中毒の予防
          1. ノロウイルス感染症の発生状況及び飲食店等での衛生的取扱いの確認
          2. 集団給食施設及び飲食店等の従事者の健康状態のチェックの記録及び加熱食品の十分な加熱の徹底の確認
          3. 宮崎県食品衛生協会の養成する手洗いマイスター等と連携した衛生講習会等における予防啓発
          4. 感染性胃腸炎の患者の増加は、ノロウイルス食中毒と密接な関係があることから、「感染症発生動向調査」報告を注視し、必要に応じ、食中毒注意報を発令
        2. サルモネラ食中毒の予防
          1. 集団給食施設、菓子製造施設及び飲食店等での鶏卵、食肉の衛生的な取扱い及び十分な加熱の徹底の確認
          2. 卵選別包装施設(GPセンター)の鶏卵取扱及び販売施設等での温度管理、破卵等の検卵の徹底についての確認並びに製造又は加工に係る記録の作成、保存の指導及び確認
        3. カンピロバクター食中毒の予防
          食肉関係営業施設及び飲食店等での食鳥肉の衛生的取扱の徹底並びに十分な加熱の徹底の確認
          特に、生食の食鳥肉による食中毒発生防止の徹底
        4. 腸炎ビブリオ食中毒の予防
          魚介類加工施設等での魚介類の衛生的な取扱い及び温度管理の徹底の確認
        5. 腸管出血性大腸菌食中毒の予防
          「生食用食肉(牛肉に限る)」の規格基準・施設基準の遵守状況の確認及び生食用野菜(浅漬を含む。)、果実等の衛生的な取扱いの確認
          加熱調理を前提とした食品(そうざい半製品等)による食中毒予防のため、十分に加熱調理した上で喫食することの周知。また、未加熱の食肉調理品等から、他の加熱せずに摂取する食材や調理済み食品への交差汚染を防ぐため、消費者に対する注意寒気を実施。バイキング方式の飲食店等に対する、トング等の衛生管理に十分留意するよう指導の徹底。豚の食肉(豚肉及び豚の内臓)について、生食用としての販売・提供禁止及び十分な加熱の徹底の確認。
        6. ふぐ毒による食中毒の予防
          鮮魚市場等でのドクサバフグなどの有毒魚介類の排除の徹底、認証施設における有資格者(ふぐ処理師)による有毒部位の除去及び廃棄の確認
        7. 水産食品による食中毒の予防
          生食用魚介類の衛生管理の徹底、製造過程又は加工過程における微生物汚染の防止及び製造過程又は加工過程に係る記録の作成・保存の推進
        8. 野生鳥獣肉による食中毒の予防
          「宮崎県野生鳥獣の衛生管理に関するガイドライン」(平成27年4月定め)に基づき、衛生的な解体処理の確認、加工・製造においては食肉処理施設で解体された野生鳥獣肉の使用の徹底及び十分に加熱して喫食するよう消費者に対する注意喚起
        9. 特定原材料におけるアレルギー症状発生の予防
          食品製造施設業等における特定原材料の使用管理及び混入防止の確認
      2. 表示
        1. 科学的根拠に基づいた賞味期限等の設定及び必要書類の確認
        2. 「生食用カキ」の採捕海域等及び「みがきふぐ」「ふぐ加工品」等についての適正表示の徹底の確認
        3. アレルギー物質を含む食品の製造者及び加工者による表示の確認の徹底についての確認
        4. 「生食用食肉」の適正表示、「生食用である旨」、「食中毒のリスクがある旨」、「と畜場名」、「加工施設名」及びそれぞれの都道府県名等の記載の徹底について確認
        5. 「牛肝臓の規格基準」について、食品等取扱事業者及び消費者への周知徹底。「加熱用である旨」等の表示の確認
        6. 生食用として供しない鶏肉について、「加熱用である旨」等の表示が記載されていることの確認及び加熱用鶏肉を生食又は半生食用として供しないことの指導徹底
      3. 食肉・食鳥肉
        1. 枝肉、中抜と体等の微生物検査による衛生的な処理の検証の実施
        2. 食肉処理施設における微生物汚染の防止の徹底の確認
        3. BSEに関する特定危険部位の管理並びにBSE検査に係る分別管理等のガイドライン遵守の確認
        4. 「宮崎県野生鳥獣肉の衛生管理に関するガイドライン」に基づき、野生鳥獣肉の食肉処理施設に対し、衛生管理の実施状況の確認及び指導
        5. 生食用食鳥肉を加工する認定小規模食鳥処理場に対し、「生食用食鳥肉の衛生対策」(平成19年宮崎県定め)に基づき衛生管理の実施状況の確認及び指導
      4. その他
        1. 衛生管理体制の確立の確認
        2. 製造者及び加工者による異物の混入防止対策の徹底の確認
        3. 食品添加物(その製剤を含む。以下同じ。)の適切な使用の確認
        4. 製造及び加工段階における温度管理の徹底の確認
  2. 重点監視業種及び監視回数
    各業種毎に、営業施設の規模、製造・調理・流通・販売される食品の流通の広域性、営業の特殊性、取扱食品による危害の発生頻度などを考慮して、監視の重要度の高い業種(施設)から順にA、B、C、D、Eの5ランクに分類し、Aランクを重点監視業種(施設)とする。
    監視回数は、監視の重要度が高い業種ほど年間の監視回数を多く設定することとし、別紙1のとおりとする。ただし、重大な食中毒等が発生した際は設定された監視回数に係わらず、特定の業種に対して重点的な監視を行うことがある。
  3. 食品等の収去検査
    県内で生産、製造及び加工される食品等について、検査を実施する。検査予定検体数は別紙2のとおりとする。
    1. 県内で生産される農畜水産物の抗生物質、合成抗菌剤、動物用医薬品(内部寄生虫用剤等)及び農薬の残留試験検査を実施する。
    2. 県内で製造、加工又は販売される加工食品(輸入食品を含む。)の食品添加物、残留農薬等及び成分規格基準検査を実施するとともに、宮崎県細菌学的成分規格指導基準に適合しているかの確認検査を実施する。
    3. 過去に違反事例の多い魚肉練り製品、漬物、菓子類、食肉製品等について、添加物、規格基準等の検査を実施する。
    4. 県内で流通する食品(輸入食品を含む。)について、腸管出血性大腸菌、サルモネラ等の食中毒菌汚染実態調査を実施する。
    5. 県内の認定小規模食鳥処理場等で製造される生食用の食鳥肉に対する食中毒汚染実態調査を実施する。
  4. 一斉取締
    1. 食中毒が多発する夏期及び食品流通量が増加する年末においては、一斉取締を実施する。
    2. 平成31年度の夏期一斉取締は、食品の適正表示の徹底、サルモネラ・カンピロバクター・腸炎ビブリオ・腸管出血性大腸菌による食中毒防止対策、異物混入防止対策等の監視指導を重点的に実施する。
    3. 平成31年度の年末一斉取締は、アレルギー物質を含む食品の適正表示の徹底、ノロウイルス及びふぐによる食中毒防止対策、市場衛生対策等の監視指導を重点的に実施する。
    4. 特定の違反事例が頻発するなど、食品衛生に係る問題が発生し、かつ、全国一斉に同一の事項を対象とした監視指導の実施が必要な場合は、随時、監視指導を実施する。
  5. 違反を発見した場合の対応
    1. 立入検査時に違反を発見した場合の対応
      1. 違反している状況を発見した場合は、直ちにその場において改善指導を行なう。
      2. 違反が軽微であって直ちに改善が図られるもの以外の法令違反については、文書にて改善指導を行なう。
      3. 法令違反に係る食品等が現存する場合には、当該食品等が販売の用に供され、又は営業上使用されないよう、廃棄、回収等の措置を速やかに講ずるとともに、必要に応じ、営業の禁止若しくは停止の措置を行なう。
      4. 悪質な違反については告発を含む、厳格な対応を行なう。
    2. 収去検査の結果、違反を発見した場合の対応
      1. 当該食品等について、販売の用に供し、又は営業上使用されないよう、廃棄、回収及び再発防止等の措置を講ずるとともに、必要に応じ、営業の禁止若しくは停止の措置を行なう。
      2. 当該食品等が県外で生産、製造又は加工等が行われていた場合は、速やかに当該都道府県等の食品衛生担当部局に連絡するとともに、必要に応じ、連携して違反に係る食品等の流通、再発防止措置等を講ずる。
      3. 輸入食品の場合は、厚生労働省へ迅速に情報提供し、連携して違反に係る食品等の流通、再発防止措置等を速やかに講ずる。
      4. 当該食品等を製造、加工した者の検査能力等から、継続的に当該者の製造、加工する食品等の検査が必要と判断される場合には、命令検査を行なう。
      5. 悪質な違反については告発を含む、厳格な対応を行なう。
    3. 食品衛生上の危害の状況を明らかにし、危害の拡大防止及び再発防止を図るため、法令等に違反した者(違反が軽微であって、かつ当該違反について直ちに改善が図られた者を除く。)の氏名、法人にあってはその名称、対象食品、対象施設、違反の内容等を公表する。
  6. 監視指導の実施状況及び収去検査結果等については、2020年6月末までに公表する。

第4.リスクコミュニケーションの実施

  1. 監視指導計画の策定の際及び年度途中に監視指導計画を変更する場合は、これを公表し、県民の意見を聴取する。
  2. 食品衛生に関する施策の実施に当たって必要な場合は、これを公表し、県民の意見を聴取する。
  3. 県民の意見の施策への反映については、ホームページを利用したパブリックコメントの募集や意見交換会の開催等を通じて行なう。
  4. 食品供給の各段階(フードチェーン)ごとの食の安全確保や、表示の見方等の相談等、必要に応じて関係行政機関等と連携を図りながら消費者等に情報提供を行なう。
  5. 家庭における食中毒発生を未然に防止するため、家庭における食品の購入から喫食までの取扱について消費者に対する啓発等を行なう。
  6. ふぐ、野生植物等の専門的知識を要する食材について自家調理を控えるよう周知徹底を図る。

第5.食中毒等健康被害発生時の対応

  1. 食中毒発生時の対応
    1. 「宮崎県食中毒処理要領」に基づき、平常時における体制を整備するとともに、発生時においては関係部局と連携し、迅速かつ的確な調査を実施する。
    2. 初動調査においては、病原微生物のみならず化学物質等が病因物質である可能性を考慮して調査を実施する。
    3. 毒物、劇物を原因とする食中毒(疑いを含む。)の発生に際しては、「毒物劇物等を原因とする食中毒対策要領」に基づき、迅速かつ的確に対応する。
    4. 再発防止対策に資するため、積極的な汚染源の遡り調査の実施等、原因究明体制の確立を図る。
  2. 食中毒発生状況等について、食品関連事業者及び県民への情報提供を図り、食中毒等健康被害の拡大防止の観点から、必要な情報について、可能な限り速やかに公表する。
  3. 「食品衛生指導員による食中毒予防対策実施要領」に基づき、食中毒発生時等に、食中毒発生や予防対策等の情報を食品衛生指導員が営業者等へ迅速に周知徹底し、食中毒発生防止の啓発を図る。
  4. ノロウイルスは食中毒だけでなく、感染症としての被害拡大も起こりうることから、感染症担当部局とも連携し、被害拡大防止を図る。
  5. いわゆる健康食品による健康被害発生時にも原因究明を行い、厚生労働省に調査結果を報告する。

第6.食品関連事業者の自主的な衛生管理の促進

  1. 食品衛生管理者等の設置
    1. 施設において、その製造、加工、調理等を自主的に管理する者として、食品衛生に関して相当の知識を有する者をその食品衛生上の管理に責任を有する者として置くよう努めさせる。
    2. 営業者等については、食品衛生管理者の意見を尊重する責務が追加されたことも踏まえて、その意識向上を図る。
    3. 食品衛生法施行条例の定めるところにより、知事が別に定める施設の営業者等は、食品衛生責任者を置くこととする。
  2. 食品関連事業者の自主的な衛生管理の促進
    1. 自主検査、原材料の安全性確認等の実施を促進する。
    2. 食中毒等発生時の原因究明及び被害拡大防止を図るため、食品関連事業者の記録の作成及び保存に係る指針(ガイドライン)に基づき、食品の製造販売等に係る記録の作成、保存を促進する。
    3. 食品関連事業者の自主的な衛生管理の推進に必要な講習会等の開催、情報提供を行なう。
    4. 「大量調理施設衛生管理マニュアル」に基づき、仕出し・弁当店、旅館・ホテル等の大量調理施設について、自主的な衛生管理を促進する。
  3. 平成30年6月13日に改正食品衛生法が公布された。これにより、公布日から2年を超えない範囲(追加で1年間の猶予期間あり。)で、一部の例外を除く全ての食品等事業者を対象に、事業者の規模等に応じたHACCPによる衛生管理の実施を求める「HACCPの制度化」が導入された。これに伴い、「HACCPの制度化」について県内全ての食品等事業者に周知を図るとともに、HACCP導入をより一層推進し、新制度に合致した衛生管理が実施されるよう努める。
  4. 衛生管理状況が一定水準以上である優良な施設について、保健所長及び知事表彰を実施し、食品関連事業者の自主的な衛生管理の向上を図る。
  5. 食品関連事業者の自主的な食品衛生の向上に係る活動を促進するため、食品衛生指導員等による食品関連事業者に対する助言、指導等の活動を推進する。

第7.人材育成・資質向上及び衛生管理技術の向上

  1. 食品衛生監視員、と畜検査員及び食鳥検査員等
    1. 衛生環境研究所における研修
      1. 食品衛生監視員の微生物及び理化学検査研修
      2. と畜検査員及び食鳥検査員の食肉・食鳥肉残留抗生物質等検査実務研修
    2. 食品衛生検査施設における業務管理(GLP)を徹底し、検査の信頼性確保を図るための外部精度管理、内部点検、GLP研修の実施
    3. HACCP手法による衛生管理を推進するために、同手法を指導、助言する食品衛生監視員に対する養成講習会の実施
    4. 厚生労働省等が主催するHACCP導入型基準に関する研修会に食品衛生監視員、と畜検査員及び食鳥検査員の派遣
  2. 食品関連事業者等
    1. 食品営業者及び調理従事者等に対し、食中毒予防や食品表示講習会の実施
    2. 食品衛生管理者に対し、講習会や情報提供の実施
    3. 食品衛生責任者に対し、講習会の実施
    4. 調理師、製菓衛生師及びふぐ処理師試験の実施
  3. 関係団体に属する指導員等
    1. 自主的な衛生管理の向上のため、食品衛生指導員による巡回指導及び助言指導の実施
    2. 県から講師を派遣しての食品衛生指導員の育成指導の実施

平成31年度年間標準指導回数(別紙1)

平成31年度食品等の収去検査実施計画(別紙2)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部衛生管理課食品衛生担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7076

ファクス:0985-26-7347

メールアドレス:eiseikanri@pref.miyazaki.lg.jp