トップ > 健康・福祉 > 食の安全・衛生 > 食品・乳肉衛生 > 「臨時営業等特殊形態営業に関する取扱要領」の一部改正について

ここから本文です。

更新日:2018年11月16日

「臨時営業等特殊形態営業に関する取扱要領」の一部改正について

対象となる営業形態

  1. 臨時営業
  2. 仮設移動営業
  3. 実演販売営業

改正の要点

  1. 取扱品目については、従前では取扱品目の名称を指定することにより限定していましたが、近年の食品の品目の多様化や食中毒発生のリスクを考慮して、簡易な調理加工かつ供食前加熱工程を含むことなど製造工程を指定することによる定義に改めました。
  2. 明らかに簡易な調理加工等に該当しない等、取扱できない品目は別表第1の1に指定しました。
  3. トッピング等に用いる加熱しない原料については、既製品又は別表第2の1の(10)に該当する食品に限り、専用の器具を用いて包装容器から直接添加する場合のみ認めることとしました。
  4. 削氷において、氷菓等の氷以外を原料とする場合は、それぞれの食品に該当する製造許可施設で製造され、規格基準を満たしている場合に限り認めることとしました。
  5. 飲料において、提供可能な飲料同士を提供直前に混合する行為を認めることとしました。また、お茶類やコーヒー等、その場で抽出するものについてはホットでの提供に限り認めることとしました。

留意事項

  1. 取扱可能な品目について、取扱品目の指定を撤廃し、原則として加熱を最終工程とする簡易な加工・調理による食品全般としましたので、名称が同一の食品であっても、調理工程によっては許可できるものと出来ないものが出てくる可能性があります。
  2. 調理器具類は使用前十分に洗浄消毒したものを用い、かつ、使用中も適宜洗浄消毒を行うようにしてください。
  3. クリーム及びソース類は該当する許可施設で製造・包装された既製品に限り使用を認めます。たとえ既製品同士であっても、営業許可施設内での調合等は行わないでください。
  4. 営業許可施設内での野菜等の洗浄及びカットは行わないでください。

  5. その他、温度管理が必要な原料等については、クーラーボックス等により温度管理を徹底してください。

施行期日

平成30年11月12日(月曜日)

添付資料

その他、御不明な点がありましたら、お近くの県保健所にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部衛生管理課食品衛生担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7076

ファクス:0985-26-7347

メールアドレス:eiseikanri@pref.miyazaki.lg.jp