トップ > 健康・福祉 > 食の安全・衛生 > 生活衛生(理容・浴場・水道等) > 【住宅宿泊事業者の皆さまへ】新型コロナウイルスに関するお知らせ

ここから本文です。

更新日:2020年2月19日

【住宅宿泊事業者の皆さまへ】新型コロナウイルスに関するお知らせ

<更新情報>

  • 令和2年2月19日【関係通知】令和2年2月17日付け観光庁事務連絡「住宅宿泊事業法の届出住宅における新型コロナウイルス感染症への対応について」追加
  • 令和2年2月14日【関係通知】令和2年2月13日付け観光庁事務連絡「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策について(協力依頼)」追加


中華人民共和国湖北省武漢市で集団発生の報告があった非定型肺炎について、世界保健機関(WHO)は1月14日、当該肺炎患者の検体から新型コロナウイルスが検出されたと認定しました。

その後、日本国内においても新型コロナウイルスに関連した肺炎患者が確認されております。

つきましては、観光庁から住宅宿泊事業法の届出住宅においても、以下のページと同様の対応を取ることが望ましいとの通知がありましたので、御協力をお願いいたします。

ただし、住宅宿泊事業法の届出住宅については、旅館業法第5条のような宿泊をさせる義務(1.営業者が日頃留意すべき事項の6)は規定されていません。

宿泊者から発症の申し出があった場合

宿泊者から発症の申し出があった場合は、医療機関を受診する前に最寄りの保健所に連絡してください。

新型コロナウイルスに関連した宿泊者向けチラシ(観光庁推奨)

宿泊者向けの注意事項に関するチラシ(観光庁)

観光庁が新型コロナウイルスに関連した宿泊者向けチラシ(日、英、中の3カ国語)を作成しました。宿泊者向けに注意事項をまとめておりますので、宿泊者の方に周知いただきますようお願いします。

感染症対策方法に関するチラシ(首相官邸・厚生労働省)

首相官邸ホームページには、新型コロナウイルスを含む感染症対策方法として、一般的で、より詳しい内容が記載されたチラシ(日本語版)が掲載されております。

外国人旅行者向けコールセンターに関するチラシ(観光庁)

日本政府観光局(JNTO)では、365日24時間多言語(日、英、中、韓)で対応可能なコールセンター(Japan Visitor Hotline)や公式SNS(ツイッター、ウェイボー)により、訪日外国人旅行者に対し、発熱や呼吸器症状等がある場合には、事前連絡を行なった上で医療機関に受診すること等を勧奨しております。
JNTOコールセンターの連絡先等記した、新型コロナウイルスに関連した宿泊者向けチラシ(英、中、韓、3か国語)は以下のとおりです。

【関係通知】

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部衛生管理課環境水道担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-44-2628

ファクス:0985-26-7347

メールアドレス:eiseikanri@pref.miyazaki.lg.jp