トップ > 健康・福祉 > 社会福祉 > 地域福祉 > 保健所運営協議会 > 平成30年度宮崎県日向保健所運営協議会の議事概要を公開します

ここから本文です。

更新日:2018年9月18日

平成30年度宮崎県日向保健所運営協議会の議事概要を公開します

1.開催日時

平成30年7月13日(金曜日)午後1時30分から午後3時まで

2.場所

日向保健所2階多目的ホール

3.出席者

(1)委員

十屋委員、安田委員、西川委員、四倉委員、千代反田委員、田村委員、日高委員、長岡委員、甲斐委員、三原委員、黒木(雅)委員、安達委員、池田委員、新名委員、黒木(眞)委員、安倍委員、首藤委員

(2)事務局

所長、次長、総務企画課長、健康づくり課長、衛生環境課長、延岡保健所衛生環境課長、各関係課担当職員

4.議事要旨

事務局より、以下の(1)~(3)について説明を行なった後、次のような質疑応答があった。

  • (1)第7次宮崎県医療計画について
  • (2)健康みやざき行動計画21(第2次)中間見直しについて
  • (3)自殺対策~自殺未遂者支援事業について
  • (委員)
    自殺は毎年少しずつ確実に減ってきているということか。
  • (事務局)
    今のところ減ってきている。県内ではどうしても地域で増減があるが、全国的に見ると減ってきている状況である。減る要因までは完全に分析できていないが、経済状況が良くなったこと等が関係していると思う。
  • (委員)
    医療計画については地域から意見を伺って県の方に上げて、県の中でまた揉んで計画作りをして推進する、という順番か。
  • (事務局)
    医療計画の策定について、少し変わってきている。以前(平成5~10年頃)は、地域で二次医療圏ごとに計画を作成して県に上げ、県全体の分を計画するといった流れがあったが、最近は5疾病の中のがんや心筋梗塞等の心血管疾患、小児、周産期に関しては二次医療圏ごとに整備するのが厳しい現状にある。そういった点で県北、県央、県西、県南という4つのブロックに分けて策定する必要が出てきているため、県全体で計画を策定するという形になってきている。地域医療構想に関しては地域医療調整会議を設け、二次医療圏ごとに話をする、ということをここ3年は行なっているため、こういったことで補完しながら地域の状況を県の方に上げる、という形を取っていければと思う。
  • (委員)
    8~9ページの野菜摂取量や食塩摂取量は、どういう職業、どういう年齢を対象に調べるのか。
  • (事務局)
    県民健康栄養調査については、県で地域をランダムに割り当てて調査をしており、門川町の1カ所、日向市の2カ所を選定して、全県下で平均した形で調査の対象を示すという方法で行なっている。分析する時にどういった職業にどういう傾向があるか、解析する予定であるが、まだ出ていない。過去には海岸部や都市部、山間部など、どの地域にどのような傾向があるのか、という形でまとめていた。市町村ごとにも計画を作成していただいていると思う。その中で中間評価をされる際には、調査をされる所もあると聞いている。

事務局より、以下の(4)~(5)について説明を行なった後、次のような質疑応答があった。

  • (4)旅館業法及び住宅宿泊事業法について
  • (5)「大気汚染防止法」の改正に伴う水銀排出施設の届出等について
  • (委員)
    違法民泊がテレビや新聞で話題になっており、住宅宿泊事業者が7件と宿泊管理業者が2件ということだったが、これは県内ということで、管内では届出が出ているところはあるか。
  • (事務局)
    管内では届出はない。
  • (委員)
    ということは、トラブルはまだ発生していないということか。
  • (事務局)
    トラブルはまだ把握していない。
  • (委員)
    水銀を使った血圧計を使っているところがあるのか。
  • (事務局)
    水銀血圧計については各事業所の方々が適切な水銀の管理を処分業者に委託することで回収しているので、自宅や医療機関で放置されていることはないと思う。廃棄物を適切に処分できる業者がいるので、そういった業者に医療機関の方々は処分を依頼していると聞いている。
  • (委員)
    ちなみに昔は脇に差す体温計に水銀が入っていたが、まだ使って良いのか。
  • (事務局)
    特に制限はかかっていない。

事務局より、委員から意見のあったSFTS(重症熱性血小板減少症候群)について説明を行なった。

さらに、委員よりスティッフパーソン症候群を指定難病とするよう求める意見書の提出について情報提供があった。

  • 議長が意見等を求めたが、意見等はなかった。

閉会

5.資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

宮崎県日向保健所総務企画課
電話番号:0982-52-5101
ファクス番号:0982-52-5104
メールアドレス:hyuga-hc@pref.miyazaki.lg.jp