INDEX
県議会の動き

高速道路網の早期整備に向けた取組
~ミッシングリンクの早期解消、
暫定2車線区間の早期4車線化等を目指して~

 県議会では、東九州自動車道及び九州中央自動車道の整備促進を図るため、県内の市町村、市町村議会、各種経済団体など約150団体に参画いただいて「高速自動車国道建設促進宮崎県期成同盟会」(会長は県議会議長)を組織し、国や関係機関への粘り強い陳情・要望活動に取り組んでいます。
 本期成同盟会をはじめとした活動により、今年4月に九州中央自動車道の「蘇陽~五ヶ瀬東」間が国道218号蘇陽五ヶ瀬道路として事業化されるなど、本県の高速道路は着実に整備が進んでいます。
 今年7月22日には、県議会議員や知事をはじめ、各市町村長や経済団体の代表など約110名が出席して、本期成同盟会の総会を開催しました。
 総会では、道路関係予算の確保や東九州自動車道及び九州中央自動車道の早期整備、暫定2車線区間の早期4車線化や高速道路利用者の安全性・利便性向上などを国等に強く要望することを満場一致で決議しました。
 本県における高速道路の整備は、産業の活性化や観光交流はもとより、県民生活の向上など地域の個性ある発展に極めて重要であり、早期完成は県民の悲願となっています。


 また、南海トラフ地震等の大規模災害時の救援物資や救急医療の代替・支援ルートとなる「命の道」として、高速道路の早期整備は急務となっています。
 県議会では引き続き、県民の皆様とともに、県内の高速道路網の早期整備に向けて全力で取り組んでまいります。
新型コロナウイルス感染症の感染防止対策

 議会棟における感染防止対策として、これまでもマスク着用や手指消毒を行っておりますが、9月定例会から、本会議場の議長席、演壇及び質問者席にアクリル板を設置し、更なる感染防止対策に努めております。


■県議会本会議・委員会を傍聴することができます。
傍聴の際は、マスク着用や手指の消毒、検温の実施等、感染症対策へのご協力をお願いいたします。

本会議の傍聴 (県議会事務局 総務課 TEL:0985-26-7215)

 本会議を傍聴するには、傍聴券が必要です。傍聴券は、本会議の当日午前9時30分から、県庁2号館入口の傍聴者受付で先着27名(車いす利用者用4席を含む。)に交付することとしています。なお、午前9時30分までに上限数を超えている場合は、抽選となります。また、傍聴控室でのモニター視聴も可能です。

委員会の傍聴
(常任委員会:県議会事務局 議 事 課 TEL:0985-26-7216)
(特別委員会:県議会事務局 政策調査課 TEL:0985-26-7217)

 委員長の許可を得れば傍聴することができます。定員は各委員会とも10名です。委員会の当日午前9時30分から、議会棟2階正面玄関の議会受付でお申し込みください。


■県政に対する要望や意見を提出することができます。
 県民の皆様の県政に対する要望や意見を請願として県議会に提出することができます。採択された請願は、県の行政の中に取り入れられるように知事に送付したり、国に対して意見書を提出します。


| 7月臨時会 | 常任委員会 | 特別委員会 | 高速道路網の早期整備に向けた取組 |
| 県議会本会議・委員会を傍聴することができます |
TOP