1. HOME
  2. 本会議:定例会・臨時会
  3. 平成27年 11月定例会の概要

平成27年 11月定例会の概要

「平成27年度宮崎県一般会計補正予算(第 3号)」等を可決

11月定例県議会は、11月20日から12月9日までの20日間にわたって開催されました。一般質問において18名の議員が質問を行い、県政全般の幅広い分野にわたり活発な議論が行われました。次に、常任委員会及び特別委員会が開かれ、付託された議案・請願の審査や所管事項の調査などが行われました。

この結果、知事提出議案については、16億502万 4千円を追加する「平成27年度宮崎県一般会計補正予算(第 3号)」など19件すべての議案を原案のとおり可決(同意)しました。

請願については、「介護福祉士等修学資金貸付制度の強化並びに介護福祉士養成に係る離職者訓練(委託訓練)制度の定員数の拡大を求める意見書の提出に関する請願」を採択、1件を不採択、2件を継続審査としました。

議員発議案については、「将来展望に立った農業政策を求める意見書」を可決しました。

なお、開会日(11月20日)には、議員や知事ら全員が古代衣装を着用して出席し、記紀編さん1300年の機運を盛り上げるとともに、県内外に広くアピールしました。

ページのトップへ