1. HOME
  2. 本会議:定例会・臨時会
  3. 平成30年 2月定例会の概要

平成30年 2月定例会の概要

「平成30年度宮崎県一般会計予算」、「観光みやざき未来創造基金条例」等を可決

「JR九州の鉄道路線の維持及び利便性の確保を求める意見書」、「2025年国際博覧会の誘致に関する決議」等を可決

2月定例県議会は、 2月22日から 3月20日までの27日間にわたって開催されました。

まず、代表質問において4名、一般質問において12名の議員が質問を行い、県政全般の幅広い分野にわたり活発な議論が行われました。次に、常任委員会及び特別委員会が開かれ、付託された議案・請願の審査や所管事項の調査などが行われました。

この結果、知事提出議案については、一般会計5,817億9,000万円の「平成30年度宮崎県一般会計予算」や「平成29年度宮崎県一般会計補正予算(第6号)」、「観光みやざき未来創造基金条例」など84件すべての議案を原案のとおり可決(同意)するなどしました。

請願については、「建設業の健全な経営に関する諸施策の対策強化についての請願」を採択、1件を継続審査としました。

また、議員発議案については、「JR九州の鉄道路線の維持及び利便性の確保を求める意見書」や「2025年国際博覧会の誘致に関する決議」など6件を可決しました。

ページのトップへ