トップ > しごと・産業 > 水産業 > 漁業・資源管理 > 令和4年度宮崎県沿岸の水産資源の評価結果について

掲載開始日:2022年11月1日更新日:2022年11月1日

ここから本文です。

令和4年度宮崎県沿岸の水産資源の評価結果について

第12回(令和4年)宮崎県資源評価委員会における資源評価

宮崎県における水産資源の利用及び管理に関する基本方針(平成23年8月2日)」に基づき、令和4年に開催された第12回宮崎県資源評価委員会における評価結果を公表します。(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、評価委員、事務局のみ対面形式、傍聴はウェブ形式で実施。)

年度の宮崎県資源評価委員会では、10魚種(アマダイ類、ヒラメ、イセエビ、マダイ、カサゴ、ハモ、イサキ、サワラ、シイラ、イワシ類稚魚(シラス))の再評価が行われました。

なお、今回の評価対象魚種を含め、宮崎県ではこれまでに26魚種の資源評価が行われています。

<資源評価結果の概要>

魚種名

令和4年の評価結果

(参考)前回の評価結果

水準 動向

特記事項

水準 動向
アマダイ類 中位 増加

資源の増加期に入った可能性が

高い

R3 中位 増加
ヒラメ 低位 減少

親魚量が減少

再生産成功率が低迷

R3 低位 減少
イセエビ 中位

全体:横ばい

県北:減少

県中:横ばい

県南:横ばい

藻場造成等による加入量の確保

や小型エビの再放流等による

資源の有効利用が必要

R3 低位

全体:横ばい

県北:横ばい

県中:横ばい

県南:横ばい

マダイ 高位 増加

近年は主に移入資源を漁獲

している

R3

低位 横ばい
カサゴ

低位

横ばい

近年、資源量・資源尾数は

横ばいで推移

R3

低位

横ばい

ハモ 高位 減少

資源水準は高い状態

R2

高位

減少

イサキ 高位 増加

全国的には減少傾向のため、

他県の動向も注視する必要が

ある

H29 低位 減少

サワラ

高位 増加

他海域からの来遊状況の影響が

大きい

H30 高位 横ばい
シイラ 低位 増加

他海域からの来遊状況の影響が

大きい

H30 低位 減少
シラス 低位 減少

産卵場周辺の海況条件による

影響が大きい

 

   

注意

  • 水準:過去20年程度の資源量や資源量指標値(資源量を判断する材料になる値)の変動から、現在の資源の水準を「高位、中位、低位」の3段階で評価しています。
  • 動向:直近5年程度の資源量や資源量指標値の変動から、現在の資源の動向を「増加、横ばい、減少」の3段階で評価しています。

資源評価結果の詳細版

源評価結果の詳細版は、宮崎県水産試験場のホームページにて掲載しています。以下の関連リンクからご覧になれます。

お問い合わせ

農政水産部漁業管理課資源管理担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-26-7310

メールアドレス:gyogyo-kanri@pref.miyazaki.lg.jp