トップ > しごと・産業 > 水産業 > 漁業・資源管理 > 遊漁規則について

ここから本文です。

更新日:2013年9月7日

遊漁規則について

内水面において共同漁業権が設定されている区域内では、漁業権者(内水面漁業協同組合)により遊漁規則が定められています。
この区域で漁業権の対象となっている魚種を採捕する場合は、遊漁規則に従って、組合に遊漁料を支払い、承認を得るとともに、遊漁についての制限を遵守しなければなりません。

1.遊漁規則の概要

遊漁規則には、漁業権の対象となっている魚種、漁具・漁法の制限、遊漁料等が定められています。各共同漁業権の区域ごとの遊漁規則の概要は、次のPDFファイルでご確認いただけます(詳細については、各組合にお問い合わせください)。

2.遊漁承認証に関する事項

(1)組合は、漁場区域内における遊漁を承認したときは、遊漁承認証を遊漁者に交付します。

(2)遊漁承認証は、他人に貸与してはいけません。

3.遊漁に際し守るべき事項

(1)遊漁者は、宮崎県内水面漁業調整規則、宮崎県内水面漁場管理委員会による指示及び遊漁規則に違反して遊漁をしてはいけません。

(2)遊漁者は、遊漁に際しては、遊漁承認証を携帯し、漁場監視員の要求があったときは、これを提示しなければなりません。

(3)遊漁者は、遊漁に際しては、漁場監視員の指示に従わなければなりません。

(4)遊漁者は、遊漁に際しては、相互に適当な距離を保ち、漁業者及び他の遊漁者の迷惑となる行為をしてはいけません。

4.漁場監視員に関する事項

漁場監視員は、遊漁者に対し、遊漁規則の遵守に関して必要な指示を行なうことができます。

5.違反者に対する措置に関する事項

組合は、遊漁者が遊漁規則に違反したときは、直ちに遊漁の中止を命じ、以後その者の遊漁を拒否することができます。この場合、遊漁者が既に納付した遊漁料の払戻しは行いません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部水産政策課漁業・資源管理室 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7146

ファクス:0985-26-7309

メールアドレス:gyogyo-shigen@pref.miyazaki.lg.jp