ここから本文です。

更新日:2017年11月7日

認知症について

(1)宮崎県認知症疾患医療センターについて

高齢化の進行とともに、今後とも認知症患者の増加が見込まれることから、地域における認知症疾患の保健医療水準の向上を図ることが重要な課題となっています。
このため、県内3か所の医療機関を宮崎県認知症疾患医療センターに指定し、地域における認知症専門医療の提供体制の充実強化に努めています。

1.センターの主な業務

  • (1)認知症の診断や精神病状への対応等の専門医療の提供
  • (2)早期発見のために欠かせないかかりつけ医等に対する研修
  • (3)地域包括支援センター・介護サービス提供者等との連携
  • (4)認知症に関する医療相談

2.指定医療機関

各病院 所在 問い合わせ
一般財団法人弘潤会野崎病院 宮崎市大字恒久5567 0985-54-8123
一般社団法人
藤元メディカルシステム大悟病院
北諸県郡三股町大字長田1270 0986-53-3366
医療法人向洋会協和病院 日向市大字財光寺1194-3 0982-54-5015
医療法人建悠会吉田病院 延岡市松原町4丁目8850番地 0982-37-0126
医療法人十善会県南病院 串間市大字西方3728番地 0987-72-0224

3.指定期間

平成29年3月31日まで

(2)かかりつけ医認知症対応力向上研修の受講者について

認知症は高齢化社会の到来と共に、これからますます増えていくと予想されています。
認知症も、早期に診断することで治るものもあります。また、治らなくても進行を遅らせることはできます。認知症は誰もがかかる可能性のある病気です。認知症の正しい知識を身につけ、認知症かなと思ったら、近くの相談窓口となってくれる「かかりつけ医」を受診しましょう。

宮崎県では、認知症サポート医を講師としてかかりつけ医の認知症対応力向上の研修会を行なっています。多くの「かかりつけ医」の医師達がその研修会を修了し、地域での認知症の相談窓口となっています。
一人で、あるいは家族だけで悩まずに、気軽に身近にいる「かかりつけ医」をたずねてください。

(3)病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修の受講者について

宮崎県では、病院勤務の医師、看護師等の医療従事者に対し、認知症の人や家族を支えるために必要な基本知識や、医療と介護の連携の重要性、認知症ケアの原則等の知識について修得するための研修を実施しています。

(4)認知症サポート医について

認知症サポート医とは、認知症の人が普段受診する「かかりつけ医」等への助言やアドバイスを行なったり、専門医療機関や各地域医師会、地域包括支援センター等との連携の推進役となる医師のことです。

県には平成28年度末現在、94名の認知症サポート医がいます。

  • 認知症サポート医養成研修について(平成29年度の申込は修了しました。)

(5)歯科医師認知症対応力向上研修について

高齢者が受診する歯科医師に対し、認知症の人や家族を支えるために必要な基本知識や、医療と介護の連携の重要性、認知症ケアの原則等の知識について修得するための研修を実施しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課医療・介護連携推進室   

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-44-2605

ファクス:0985-26-7344

メールアドレス:iryokaigo@pref.miyazaki.lg.jp