トップ > 健康・福祉 > 医療 > 救急・へき地医療 > 9月9日は「救急の日」、9月3日から9月9日は「救急医療週間」です

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

9月9日は「救急の日」、9月3日から9月9日は「救急医療週間」です

救急医療及び救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めるとともに、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的として、「救急の日」の9月9日(土曜日)を含む1週間(今年度は平成29年9月3日(日曜日)から9月9日(土曜日)まで)を「救急医療週間」とし、全国で、救急医療の普及、啓発活動が行われます。

主催:厚生労働省、消防庁、都道府県、市町村、公益社団法人日本医師会、一般社団法人日本救急医学会及び全国消防庁会

みんなで地域医療を守りましょう

県における救急・産科・小児科の特定診療科やへき地などにおける医師不足は深刻な状況です。

のような中、夜間・休日の医療サービスは、医師や看護師などの献身的な努力によって支えられています。

療機関は、一時的な診療を担う医院やクリニックから専門的な治療や救命救急などを行う大きな病院まで、それぞれの役割を担っていますが、まず、県民の皆様一人ひとりが限りある医療資源を大切に想い、症状や目的に応じた医療機関を適切に利用する意識を持つことが求められています。

会全体で地域医療を守り育て、一人ひとりが必要な医療サービスを受けることができる体制が守られるよう、救急の日を機に、皆様のさらなる御理解と御協力をお願いします。

安易な夜間、休日などの時間外受診は控えましょう

間や休日の診療は、救急患者に対応するためのもので、時間外に対応できる便利な医療機関ではありません。

夜の方が空いているから」、「平日は仕事があるから」といった安易な理由で夜間急患センターなどの救急医療機関を受診しないよう、御協力をお願いします。

日常的な診療、健康管理を行う身近な「かかりつけ医」を持ちましょう

普段から受診する「かかりつけ医」を持ち自分の病歴や体質を知ってもらうことで、救急時にも安心して診療してもらうことができ、また日頃から健康管理をしてもらうことによって病気の予防、早期発見、早期治療にもつながります。

救急医療功労者知事表彰

宮崎県では、救急医療対策の推進等、救急医療の確保に貢献した団体及び個人に対して表彰を行い、救急医療対策の推進に寄与することを目的に、昭和58年度から、救急医療功労者知事表彰を実施しています。

成29年度の被表彰者及び表彰式の様子は、表彰式終了後お知らせします。

県内で行われる主な行事

しくは、それぞれの主催者へお問い合わせください。

救急の日2017inイオン都城ショッピングセンター

実施日時

  • 平成29年9月2日(土曜日)12時30分から14時30分まで

実施場所

オン都城ショッピングセンター(都城市早鈴町)

行事内容

急手当の体験、消防士体験、救急車・消防車の見学、濃煙体験

主催

城市消防局(電話番号:0986-22-8883)

共催

城市郡医師会病院、都城市役所PR課、都城市消防団

救急フェア2017

実施日時

  • 平成29年9月8日(金曜日)10時00分から11時00分まで

実施場所

イオン延岡店(延岡市旭町)

行事内容

日救急隊長による救急に関する啓発活動(チラシやトイレットペーパー配布)、救急車展示、パネル展示、心肺蘇生法体験

主催

岡市消防本部(電話番号:0982-22-7105)

救急医療週間における一般市民向け救命講習

前申込みが必要な行事です。申込みの方法など詳細は主催者に御確認ください。

実施日時

  • 平成29年9月7日(木曜日)10時00分から11時30分
  • 平成29年9月8日(金曜日)14時00分から15時30分

実施場所

岡市消防本部防災研修センター

行事内容

命入門コース及び救命入門コース後の消防署施設見学

主催

岡市消防本部(電話番号:0982-22-7105)

関連リンク

お問い合わせ

福祉保健部医療薬務課医療体制担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7451

ファクス:0985-32-4458

メールアドレス:iryoyakumu@pref.miyazaki.lg.jp