トップ > 健康・福祉 > 医療 > 医師確保 > 宮崎県産科専門医研修資金貸与制度について

ここから本文です。

更新日:2018年4月18日

宮崎県産科専門医研修資金貸与制度について

宮崎県産科専門医研修資金』は、将来、産科医として県内勤務を希望し、県内の産科医療を支えていこうとする医師に対して貸与するものです。貸与を希望される方は、この制度の主旨を十分理解された上で申請していただきますようお願いします。

1.申請資格

崎県内の産科で専門研修を受ける専攻医で、引き続き、県内の産科で勤務しようとする意思があること。
ただし、次に事項に該当する方は、対象とはなりません。

  • 自治医科大学を卒業した方

2.貸与人数

2名

3.貸与額

150,000円

4.貸与期間及び貸与方法

  1. 貸与決定年度の4月分から、最大3年間とします。ただし、1年以上の期間、貸与を希望される場合、毎年度申請を行なってください。
  2. 研修資金は、毎月貸与します。初回の貸与は、4月分までさかのぼって行います。

5.貸与に付する条件

  1. 貸与を受けた期間が1年以上の場合、専門研修修了後、貸与期間に相当する期間のうちに、1年間、県内の産科(宮崎市、国富町及び綾町に所在するものを除く。)で勤務しなければなりません。
  2. 貸与を受けた期間が1年未満の場合、専門研修修了後、貸与を受けた期間と同じ期間、県内の産科(宮崎市、国富町及び綾町に所在するものを除く。)で勤務しなければなりません。
  3. 上記の勤務を行なった場合、本資金の返還を免除しますが、勤務を行わなかった場合、一括して返還しなければなりません。なお、育児休業や介護休業の期間等は、貸与期間に相当する期間に含みません。

6.申請方法・期限

  1. 申請方法
    研修資金貸与申請書(様式第1号)に、次の書類を添えて申請してください。
    • 医師免許証の写し
    • 臨床研修修了登録証の写し
    • 推薦調書(様式第2号)
  2. 申請期限
    • 平成30年5月9日(水曜)必着
  3. 保証人
    申請には、保証人が必要です。保証人は、独立の生計を営み、本資金の返還の責任を負うことができる資力を有する者とします。
  4. 申請様式

7.貸与の決定及び今後のスケジュール

申請書等の審査を行い、貸与者決定者には、文書で通知します。

(今後のスケジュール)

  • 平成30年5月9日(水曜)貸与申請書の提出締切
  • 5月中旬貸与者決定
  • 5月下旬貸与者の面談・制度説明
  • 6月末日第1回目の貸与資金口座振込

8.注意事項

  1. 申請者は、本制度の内容を十分御確認ください。
  2. 申請書類の御記入には、すべて黒色の万年筆、ボールペン等を使用し、遺漏のないよう正確に御記入ください。
  3. 申請書類は、貸与の決定にかかわらず返却しませんので、ご了承ください。
  4. 本研修資金につきましては、返還免除時に所得として扱われ、給与所得と併せて所得税が課される可能性があります。詳しくは、最寄りの税務署に御確認ください。

9.申請先・問い合わせ先

  • 宮崎県福祉保健部医療薬務課師確保担当
  • 〒880-8501宮崎市橘通東2-10-1
  • 電話番号:0985-26-7451
  • ファックス番号:0985-32-4458

郵送する場合、封筒に「宮崎県産科専門医研修資金貸与申請書在中」と朱書きし、簡易書留又は配達記録で郵送してください。
直接持参の場合、午前8時30分から午後5時15分まで(土日祝日を除く)に持参してください。

(参考資料)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部医療薬務課医師確保担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7451

ファクス:0985-32-4458

メールアドレス:iryoyakumu@pref.miyazaki.lg.jp