トップ > 健康・福祉 > 医療 > その他 > 宮崎県災害医療活動マニュアルの改訂について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2012年11月26日

宮崎県災害医療活動マニュアルの改訂について

県では、「宮崎県地域防災計画」における医療活動について、その詳細を規定し、大規模地震又はこれに準じる大災害が発生した場合に、県及び市町村、医師会等関係機関や医療従事者が相互に連携協力し、迅速かつ的確な災害医療活動を実施するために必要な事項を記載した「宮崎県災害医療活動マニュアル」を平成18年3月に発行していましたが、今回、東日本大震災の状況等を踏まえ、本マニュアルの内容の見直しを行いました。
本ページにおきましては、マニュアル各項目(I~VI)の内容紹介とマニュアル全体のPDFデータを掲載しています。

マニュアルの内容

1.マニュアルの概要

マニュアル策定の目的等、基本的事項について記載しています。

-項目-

  1. 目的
  2. 基本方針
  3. マニュアルの構成
  4. その他留意事項

2.被災等情報の収集

被災発生後の最重要課題である「情報の収集」について、各関係機関の役割等について記載しています。

-項目-

  1. 被災等情報の収集の考え方
  2. 県災害対策本部
  3. 市町村災害対策本部
  4. 医療機関
  5. 地区医師会
  6. 県医師会
  7. 薬剤師会
  8. 医薬品卸売業者
  9. 日本赤十字社県支部

3.医療救護の実施

平時とは異なる対応が求められる災害医療について、急性期における災害派遣医療チーム(DMAT)の活動、初動期における医療救護班の活動等に関して記載しています。

-項目-

  1. 医療救護活動のあり方
  2. 指揮命令系統
  3. 急性期におけるDMATの活動
  4. 初動期における医療救護班(被災地域)の活動
  5. 初動期における医療救護班(非被災地域)の活動
  6. トリアージ
  7. 搬送体制

4.医療機関の活動

災害時の医療機関の活動について、被災地域と非被災地域に分けて、基本的な活動方針、活動手順と内容について記載しています。

-項目-

  1. 被災地域の医療機関活動
  2. 非被災地域の医療機関活動

5.医薬品等の確保・供給

災害時の応急手当等においては、一度に大量の災害時緊急医薬品等が必要となるため、その確保・供給体制について記載しています。

-項目-

  1. 医薬品等の需給状況の把握
  2. 災害時緊急医薬品等の備蓄と供給
  3. 医薬品等の確保・補給
  4. 薬剤師等の確保

6.参考資料

関係機関連絡先、関係協定等について記載しています。

-項目-

  1. 医療救護班
  2. 災害拠点病院
  3. 関係機関連絡先一覧
  4. 災害時緊急備蓄医薬品等
  5. 関係様式集
  6. 関係協定等

マニュアル電子データ(全体)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部医療薬務課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7055

ファクス:0985-32-4458

メールアドレス:iryoyakumu@pref.miyazaki.lg.jp