トップ > 県政情報 > 入札・調達・売却 > 委託業務 > AIを活用した議事録作成支援システム導入業務委託企画提案競技の実施について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年6月4日

AIを活用した議事録作成支援システム導入業務委託企画提案競技の実施について

AIを活用した議事録作成支援システム導入業務委託に係る企画提案競技を実施します。

1.業務概要

  1. 業務名
    • AIを活用した議事録作成支援システム導入業務
  2. 委託期間
    契約締結の日から令和3年3月31日まで
  3. 委託料の上限額
    1,694,000円(消費税及び地方消費税を含む)

2.委託業務の内容

  1. ASPサービス及び議事録編集ソフトウェアライセンスの提供
  2. 利用開始時における環境設定及び利用支援
  3. システムの運用に必要な保守及び管理

詳細は「AIを活用した議事録作成支援システム導入業務仕様書」(5に掲載)のとおり

3.参加資格

  • この企画提案競技に参加しようとする者の満たすべき要件は次のとおりです。
    • (1)物品の買入れ等の契約に係る競争入札の参加資格、指名基準等に関する要綱(昭和46年宮崎県告示第93号。以下「要綱」という。)に基づき競争入札参加資格者名簿に登載されている者で、業種がサービス(役務の提供)に関する業種である者
    • (2)要綱に基づく指名停止を受けていないこと。
    • (3)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項に該当する者でないこと。
    • (4)会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続開始の申立て又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始の申立て(以下これらを「申立て」という。)がなされていない者であること。ただし、会社更正法に基づく更生手続開始、又は民事再生法に基づく再生手続開始の決定を受けている者は、申立てがなされていない者とみなす。
    • (5)共同企業体の場合は、次のアからウまでに掲げる要件を満たすこと。
      • ア.すべての構成員が、上記(1)から(4)までに掲げる要件を満たすこと。
      • イ.共同企業体の構成員数に制限はない。ただし、代表構成員の出資比率は、30%以上とすること。
      • ウ.共同企業体を構成する事業者が単独又は別の共同企業体の構成員として、参加することはできない。
    • (6)上記(1)に規定する資格を有さない者で、企画提案競技への参加を希望する者は、次のとおり資格を得るための申請を行うこと。
      • ア.申請書の入手先、提出場所及び申請に関する問い合わせ先
        • 宮崎県会計管理局物品管理調達課物品調達担当
        • 宮崎市橘通東2丁目10番1号(宮崎県庁1号館1階)
        • 電話番号:0985-26-7208
      • イ.申請書類の受付期間
        令和2年6月10日(水曜日)まで(土曜日及び日曜日を除く。午前9時から午後5時まで)とする。

4.スケジュール

  1. 参加申込書の提出
    令和2年6月29日(月曜日)午後5時まで(必着)
  2. 質問書の提出
    本企画提案競技について質問がある場合は、質問書を提出すること
    令和2年6月29日(月曜日)午後5時まで(必着)
  3. 企画提案書の提出
    • 令和2年7月6日(月曜日)午後5時まで(必着)

5.企画提案競技実施要領、仕様書等

本企画提案競技に係る実施要領、仕様書等は次のとおりです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部人事課行政改革推進室改革推進担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-32-4473

ファクス:0985-26-7345

メールアドレス:jinji-gyoseikaikaku@pref.miyazaki.lg.jp