トップ > 県政情報 > 行政運営 > 行政改革 > 地方行政サービス改革に関する取組状況等の調査結果について(平成29年4月1日現在)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年4月17日

地方行政サービス改革に関する取組状況等の調査結果について(平成29年4月1日現在)

地方行政サービス改革について、本県では、平成27年7月に策定した「みやざき行財政改革プラン(第二期)」に基づき、効率的・効果的に行政サービスを提供する観点から、指定管理者制度の活用や民間委託などのアウトソーシングの推進に取り組んでいます。

この度、国(総務省)において、平成29年4月1日現在の各地方公共団体における「地方行政サービス改革に関する取組状況等の調査結果」(民間委託や指定管理者制度の導入等の状況等)が公表されました。

これを受けて、本県の取組状況等に関する調査結果は次のとおりです。

宮崎県における地方行政サービス改革の取組状況等について

〈調査項目〉

  1. 民間委託
  2. 指定管理者制度等の導入
  3. 庶務業務の集約化
  4. 自治体情報システムのクラウド化
  5. 公共施設等総合管理計画
  6. 地方公会計の整備

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部人事課行政改革推進室改革推進担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-32-4473

ファクス:0985-26-7345

メールアドレス:jinji-gyoseikaikaku@pref.miyazaki.lg.jp