トップ > 県政情報 > 行政運営 > 人事・組織 > 宮崎県職員倫理規程の制定について

ここから本文です。

更新日:2007年6月3日

宮崎県職員倫理規程の制定について

では、宮崎県職員倫理規程を制定し、平成19年7月20日から施行することとしました。概要は以下のとおりです。

1.目的

職員の職務に係る倫理を保持するために必要な事項を定め、職務の公正さに対する県民の疑惑や不信を招くような行為の防止を図り、もって公務に対する県民の信頼を確保することを目的とします。

2.内容

基本的に、国家公務員倫理規程に準じ、職員が遵守すべき倫理行動規準や、職員と利害関係者との間のつきあい方についてルールを定めました。
また、本県独自の規定として、上司から犯罪行為に関わる命令を受けた場合の職員の責務等(他の上司への相談や公益通報)についても規定しました。

(1)倫理行動規準

全体の奉仕者として、不当な差別的取扱い禁止、公正な職務の執行等

(2)利害関係者との間の禁止行為

  • 職員がその利害関係者から、金銭、物品又は不動産の贈与を受けること
  • 供応接待を受けること
  • 共にゴルフをすることなどを原則禁止

(3)倫理の保持を図るための職員の責務

  • 自己又は他の職員の法令違反について上司に対する虚偽の申述、隠ぺいの禁止
  • 上司から犯罪行為等の命令が継続するときの他の上司への相談又は公益通報の義務等

(4)利害関係者との飲食

自己の飲食費用が1万円を超えるときは届出が必要

(5)講演等に関する規制

害関係者から報酬を受けて講演、著述、監修等を行う場合、承認が必要

(6)管理職員の贈与等報告書提出義務

詳細はPDFファイルを御覧ください

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部人事課行政改革推進室改革推進担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-32-4474

ファクス:0985-26-7345

メールアドレス:jinji-gyoseikaikaku@pref.miyazaki.lg.jp