トップ > 観光・文化・交流 > 観光・魅力発信 > 観光施策・統計 > 平成30年度「観光みやざき創生塾」の塾生公募について

ここから本文です。

更新日:2018年5月23日

平成30年度「観光みやざき創生塾」の塾生公募について

観光みやざき創生塾の趣旨

では、本県ならではの魅力的な観光地づくりを牽引する人財を育成するために、県内外から観光地づくりの実践者などを講師とした人財育成塾を開講します。

つきましては、その塾生を公募しております。趣旨を御理解の上、皆さま方の御応募をお願いします。

観光みやざき創生塾の特徴

  1. 幅広い人財を育成する「基礎コース」と既に観光地域づくりの経験のある事業者等を対象とした「観光マネジメント・マーケティングコース」の2つのコースを設置
  2. 観光地域づくりの実践者など県内外の一流講師陣を招へい
  3. 講義のみならず、ワークショップやフィールドワークなどを通じて、問題解決ができる力をつける実践的な講座

設置コース

基礎コース

  • 概要
    観光マネジメント、マーケティングの知識を深めるため、観光の意義や、地域の資源、課題、将来像についての講義・ワークショップ等を行う。
  • 対象者
    観光地域づくりに関わる、又は関わろうとする者(行政、観光協会、民間事業者、宿泊施設、交通事業者、観光ガイド、農林水産事業者等)
  • 募集人数
    30名程度
  • 受講料
    5千円

観光マネジメント・マーケティングコース

  • 概要
    課題に対する問題解決能力を身につけるために、観光マネジメント、マーケティング等に関する基礎知識についての講義や個別課題に対するディスカッション、実地研修等を行う。
  • 対象者
    観光地域づくりの経験があり、今後の観光事業の展開に課題を持つ事業者、観光地域づくりに関わる法人職員等
  • 募集人数
    20名程度
  • 受講料
    1万円(宿泊費等の実費負担が別途必要となる)

講師等紹介

名誉塾長

知事

宮崎県知事

塾長

吉田

宮崎大学地域資源創成学部部長
吉田

2012-15年、観光庁観光地域振興部長。1984年から通産省・経済産業省に31年半務める。その間、岩手県に出向し三陸博覧会や岩手ネットワークシステムに関わる。関東局・本省でTAMA協会、産業クラスターの全国展開を担当。官邸での地域産業おこしに燃える人の会を担当し全国で活躍する人と交流。海士町CAS事業計画に参加。官民交流派遣で日立建機(株)出向。本省製造産業局筆頭課長職で東日本大震災に遭遇。2015年から宮崎大学、16年から地域資源創成学部長。専門は、製造業の経営革新、産学官連携、観光と地域おこしなど。

主任教授

米田

愛媛大学法文学部人文社会学科教授
米田

東京都庁で約10年、多摩ニュータウンの開発や地下鉄の計画など都市計画の仕事に携わる。その後、全国公募93名の中から選ばれ、由布院観光総合事務所事務局長に着任。由布院温泉観光協会・旅館組合の組織活動の他、滞在型観光地づくり、ゆふいん流グリーンツーリズムの研究、地域間連携、まちづくり活動等を推進。事務局を退任後、内面からみた由布院の観光まちづくり、持続可能な新たな地域経営について研究されている。


桂一郎

JTIC.SWISS
山田一郎

政府認定の観光カリスマ。スイス・ツェルマット観光局や世界各地における滞在プログラム・ツアーの実施やマーケティング経験を活かし、地域振興に関する講演やセミナーの講師として全国各地から招聘されている。企業やNPO法人の他にも多くの省庁や地方自治体のアドバイザー、プロデューサー等を務める。2011年には週刊日経ビジネス誌において「次代を創る100人」の一人として選出された。和歌山大学客員教授、北海道大学客員教授。内閣官房地域活性化伝道師、総務省地域力創造アドバイザー、内閣官房クールジャパン地域プロデューサー、日本エコツーリズム協会理事等。


土屋

宮崎大学地域資源創成学部講師

土屋

宮崎県出身。マーケティングコンサルタント。大学在学中にベンチャー企業に参画し、上場企業取締役など複数の企業役員を歴任。グローバル企業含む新商品開発、市場開拓、事業再生などを担当。また、複数の事業・企業の設立、収益化などを担当。宮崎では、ITベンチャー企業の株式会社アラタナ取締役として、新規事業立ち上げ、収益化、雇用拡大などを宮崎で展開。国内大手から小規模事業者までのマーケティング支援を行う。若い人材を育てること、ビジネスの実務を学生に伝えるため、現職となる。多摩大学大学院経営情報学研究科マーケティング・マネジメント(MBA)客員教授。

特別講師

タク

(株)美ら地球CEO
山田

イナカを巡る外国人向けプラットフォームSATOYAMAEXPERIENCEを運営。外資系コンサルティング会社を退職し、足かけ2年にわたる世界のツーリズムを学ぶ旅を経て、飛騨古川に移住。里山や民家などの現存する地域資源を活かしたツーリズムを主とした数々の地域再生ソリューションをプロデュース。地域づくり総務大臣表彰にて個人表彰を受けるほか、環境大臣賞、グッドデザイン賞、エコツーリズム大賞優秀賞など、多方面からの評価を受ける。近年、空き古民家をオフィス用途に転用した「里山オフィスプロジェクト」にも着手。総務省地域力創造アドバイザー、内閣官房クールジャパン・アンバサダー。

講師

西村

神戸芸術工科大学教授
西村

専門は都市計画、都市保全計画、都市景観計画など。まちづくりの第一人者。東京大学教授等を経て2018年より現職となる。またイコモス(本部)副会長を経て、現在日本イコモス国内委員会委員長もつとめ、世界遺産の登録・保全の分野でも国際的に活躍。まちづくりに関する著書、役職多数。

その他著名講師陣

  • 土屋キャプラン株式会社Jプレゼンスアカデミーインストラクター
  • 木藤株式会社油津応援団務取締役/株式会社ホーホゥ表取締役
  • 村山(株)やまとごころ表取締役兼インバウンド戦略アドバイザー
  • 岡崎合同会社mtc.

応募方法

(1)募集期間

成30年5月23日(水曜日)から6月8日(金曜日)まで

(2)応募方法

受講願書を県観光推進課に提出

(3)選考方法

受講願書に記載された活動内容、抱えている課題、学びたいこと、自ら取り組みたいプランなどに基づき審査する。

募集要項・受講願書等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工観光労働部観光経済交流局 観光推進課国内誘致・DMO担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7103

ファクス:0985-26-7327

メールアドレス:kanko-suishin@pref.miyazaki.lg.jp