トップ > 暮らし・教育 > 自然・環境 > 新エネルギー > 「宮崎県次世代エネルギーパーク」計画の施設追加について

ここから本文です。

更新日:2018年12月6日

「宮崎県次世代エネルギーパーク」計画の施設追加について

済産業省(資源エネルギー庁)は、地球環境と調和したエネルギーの在り方に関する国民の理解の増進を図るため、次世代エネルギー設備や体験施設等を整備した「次世代エネルギーパーク」を推進しています。
本県の「次世代エネルギーパーク計画」は、平成25年に認定を受け、このたび3施設が追加されました。

1世代エネルギーパークとは

再生可能エネルギーをはじめとした次世代のエネルギーに、実際に国民が見て触れる機会を増やすことを通じて、地球環境と調和した将来のエネルギーの在り方に関する理解の増進を図るため、次世代エネルギー設備や体験施設等を受入施設として整備するもので、各自治体におけるエネルギーパークの計画を経済産業省(資源エネルギー庁)が認定するものです。

2本県の計画の概要

内各地に点在している太陽光・バイオマス・水力発電等の再生可能エネルギー関連施設を環境教育のための受入施設として位置づけ、県民が見る・触れるといった五感を通した学習の機会を増やすことにより、環境教育の推進を図ることを主な目的としています。

3加施設

追加された受入施設は以下のとおりです。施設の詳細については、上記「宮崎県次世代エネルギーパーク」全体像を御覧ください。

  • 大日止昴小水力発電所(日之影町)
  • 延岡市清掃工場(延岡市)
  • 妙田下水処理場(延岡市)

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部環境森林課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7084

ファクス:0985-26-7311

メールアドレス:kankyoshinrin@pref.miyazaki.lg.jp