トップ > 暮らし・教育 > 自然・環境 > 地球温暖化 > 宮崎県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンの策定について(次世代自動車充電インフラ整備補助金)

ここから本文です。

更新日:2016年1月8日

宮崎県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンの策定について(次世代自動車充電インフラ整備補助金)

県では、「宮崎県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」を策定し、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車などの次世代自動車の充電インフラの整備にかかる支援を行っています。

1.背景

電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド自動車(PHV)は、クリーンエネルギー自動車として、環境面でも効果があることから、県としましても啓発活動や情報提供等に取り組んでいるところでありますが、充電インフラ環境が不足していること等から十分な普及が進んでいない状況にあります。
このため、県におきましては、民間及び公共による充電インフラ環境の整備を促進するため、「宮崎県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」を策定し、経済産業省の次世代自動車充電インフラ整備促進事業を活用できる環境を整えたところであります。
現在、本ビジョンに基づき、充電インフラの整備を行なう事業者等の募集を行っておりますので、ご案内いたします。

2.次世代自動車充電インフラ整備促進事業とは

次世代自動車(電気自動車、プラグインハイブリッド自動車)の普及促進を図るため、充電設備を設置する者(公共、民間どちらも可)に対し補助(都道府県が策定するビジョンの要件に合致した場合は最大で充電設備の購入費及び工事費等の2月3日を国庫補助)するもの。経済産業省が(社)次世代自動車振興センターに委託して事業実施。

補助事業の詳細については下記のホームページをご覧ください。
(社)次世代自動車振興センターホームページ(外部サイトへリンク)

次世代自動車充電インフラ整備促進事業(平成26年度補正予算分)の概要(PDF:629KB)

3.宮崎県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンについて

  • (1)本ビジョンの位置づけ
    国の「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」を活用するための本県の充電インフラの整備目標。
    同事業の最大の補助率である購入費の三分の二及び工事費等の定額補助を受けるためには、次世代自動車振興センターに補助申請する前に、県に対し「ビジョン要件確認申請書」を行っていただく必要があります。申請を行なう場合は、申請書に必要事項を記入の上、設置予定地の地図や写真等を用意して、環境森林課まで直接ご相談ください。
  • (2)本ビジョンに位置づける次世代自動車
    電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド自動車(PHV)
  • (3)整備目標数
    県全体で365箇所
  • (4)想定される整備箇所)
    大規模商業施設、コンビニエンスストア、ホテル・旅館、観光施設、駐車場、ガソリンスタンド、自動車販売店、公共施設、道の駅等

4.申請期限等

  • (1)ビジョン要件確認申請(県)の受付期限:平成27年12月28日まで
  • (2)補助金申請(次世代センター)の受付期限:平成27年12月28日まで
  • (3)設置工事及び実績報告の完了期限:平成28年2月12日まで

ただし、上記期限前であっても、全国の補助申請金額が国の予算額を超えた場合は、予算額を超えた当日及びそれ以降の申請は受理されませんので、ご注意ください。

(平成27年12月追記)

国の補助金については、平成27年11月30日(月曜日)に次世代自動車振興センターに到着した申請をもって受付終了となっております。詳細は下記URLをご覧ください。

5.その他(参考情報)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部環境森林課温暖化・新エネルギー対策担当 担当者名:今村

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7084

ファクス:0985-26-7311

メールアドレス:kankyoshinrin@pref.miyazaki.lg.jp