トップ > 社会基盤 > 土地・建設業 > 建設業 > 解体工事業の経過措置期間終了について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年2月14日

解体工事業の経過措置期間終了について

平成31年5月31日をもって、解体工事業の経過措置期間は終了します。

平成28年6月1日に建設業法が改正され、建設業許可業種に新たに「解体工事業」が追加されました。それに伴い、平成28年6月1日時点で「とび・土工工事業」の許可を持ち、解体工事を営んでいる建設業者は、平成31年5月31日までの間に限り、「解体工事業」の許可を取得していなくても、引き続き解体工事を行うことができる3年間の経過措置期間が設けられております。

その3年間の経過措置期間の終了が近づいていることから、現在、解体工事を営んでおり、「解体工事業」の許可を取得していない建設業者の方につきましては、速やかに「解体工事業」の許可を取得していただきますようお願いします。

なお、解体工事の工期が平成31年5月31日を跨ぐ場合(例えば、工期が平成31年4月1日~平成31年6月30日)においても、「解体工事業」の許可が必要となりますので、ご注意ください。

注意:「解体工事業」の許可を取得された建設業者の方は、下記関連リンクもご確認ください。

お問い合わせ

県土整備部管理課建設業担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7176

ファクス:0985-26-7312

メールアドレス:kanri@pref.miyazaki.lg.jp