更新日:2021年8月5日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第34回)

開催日時

令和3年8月4日(水曜日)15時30分から

場所

防災庁舎43,44号室

出席者

本部員(本部長:知事、副本部長:副知事、本部員:各部局長等)

次第

  1. 感染の状況について
  2. 県の対応について
  3. その他

会議のポイント

1

 2

3

4

5

6

7

8

9

1

2

3

4

5

6

 7

8

9

10

11

12

 

13

 

14

 

15

 

1

2

3

4

 

議事概要

(総合政策部次長)
 公共交通機関の8月6日から15日までのお盆期間の予約状況についてご説明申し上げる。
 昨年と比較して、空の便では、ANA、JALで予約が30%増、ソラシドエアで80%増となった。県外からの来県客が多く、県内から県外への移動は少ないとのこと。昨年は緊急事態宣言が発令により、大量のキャンセルがあったとのことだが、今回は首都圏での緊急事態宣言や自治体からの自粛要請を受けても、キャンセルは少なかったとのことだ。航空会社の見立てだと、2回のワクチン接種が終わっている方は、国や自治体からの要請に関わらず、移動をしているのではないかとのこと。なお、航空会社各社は、国の緊急事態宣言対象地域を発着する便については、手数料無料での払い戻しや便の振り替え等の特別な対応を行っているとのこと。
 カーフェリーについては昨年から2倍近く予約が増加している。
 九州内の高速バスについては、昨年と比較して約10%増加している。

 

(知事)
ジモミヤタビキャンペーンは国よりも厳しく設定した県の基準に基づき、全面的に停止をすることになる。一定程度落ち着いたら再開という流れになるが、そのときの考え方をどうするか。

 

(商工観光労働部長)
オレンジ区域の指定状況など県内の感染状況を踏まえて、再開の判断を行うこととなる。

 

(日隈副知事)
 宮崎県では医療関係の皆さまのご協力もあり、ワクチン接種率は国内でも上位にあるが、感染が拡大している状況を受けて、今回の方針が示されたもの。
 一番肝心なのは行動要請であると考えているが、若い方への啓発がなにより大切になる。県外との往来について呼びかけは行うものの、来週からお盆休みを迎えるため、帰省客が多く来県する状況が予想される。飲食関係も含めた行動要請について、なんとか理解を深めていただけるよう取り組む必要があると思う。
 ジモミヤタビキャンペーンについては、たくさんの方にご利用いただいていた中での中止ということで、利用者、事業者ともに大変なご負担をおかけしている。感染をなんとかここで食い止めるため、関係各所にもご理解、ご協力をいただきたい。

 

(知事)
今回の方針決定を踏まえて、県の関係するイベントや公共施設の運営はどうなるか、周知のあり方を教えてほしい。

 

(総合政策部次長)
 国際音楽祭が8月15日まで開催されており、行動要請の期間中も演奏会を予定しているが、国が示した緊急事態宣言下におけるイベント開催の基準を満たした上で開催ができると考えている。それに加えて、県外からの出演者についてはPCR検査を実施するとともに、観客へ直行直帰での来場の呼びかけや、新たなチケット販売の停止といった感染防止対策を徹底する。
 国文祭・芸文祭についても、期間内にいくつかイベントが予定されているが、国が示した緊急事態宣言下の基準を満たした上で開催ができると考えている。

 

(環境森林部長)
 環境森林部の所管する施設の運営についてお伝えする。宮崎・東諸県圏域に所在する「宮崎県諸県県有林共に学ぶ森」については施設の閉鎖を行い、ホームページで公表を行う。また、西都・児湯圏域に所在する「宮崎県川南遊学の森」については閉鎖する施設等はないが、イベント等は要請期間中は中止する。

 

(知事)
 全国的な感染拡大の状況に強い危機感を持っている。本県としても、早い段階で感染拡大緊急警報に踏み切ることで、県民の皆さまに強い警鐘を鳴らしていきたいと考えている。
 本日市町村長とのWEB会議があり、これまでの経験を踏まえて早い対策を打つことについては皆さまから同意をいただけた一方、イベントや施設等の取扱いについて多くご意見をいただいた。県として、施設やイベントの取扱い方針について様々な形で情報提供を行い、市町村や事業主催者がそれを元に判断いただけるような体制を整えたい。
 これまでの経験を踏まえると、感染がすぐに止まるような状況にはないと考えている。また全国で感染が拡大している状況を考えると、本県においても同様に感染が急拡大する可能性があるとの覚悟を持って、次なる対策を打っていく必要があると考えている。特にデルタ株の感染力の強さに最大限警戒し、慎重に対応する必要がある。これから夏休み、お盆の時期を迎え、いまがまさに正念場。ワクチン接種の効果が全年齢に及ぶのはまだ先になるので、なんとかここで耐え抜いて感染を抑えていきたい。

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課感染症対策室新型コロナウイルス対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-44-2620

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kansensho-taisaku@pref.miyazaki.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。