トップ > 健康・福祉 > 保健・健康づくり > 感染症対策 > 宮崎県肝炎検査費用助成(ウイルス性肝炎重症化予防事業)について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年1月18日

宮崎県肝炎検査費用助成(ウイルス性肝炎重症化予防事業)について

宮崎県では、肝炎ウイルス検査の結果が陽性であった県民のみなさま及び慢性肝炎・肝がんのために定期的に医療機関で検査を受けているみなさまに対して、初回精密検査または定期検査費用の助成を行なっています。

1検査費用助成

(1)初回精密検査の助成(助成回数1回)

  1. 内容
    指定された医療機関において初回精密検査を受診し、保険適用の医療を受けた場合、対象者が負担した費用を助成します。
    注意:助成額は、ウイルス疾患指導料及び検査に関連する費用として県が認めた費用
  2. 対象者
    以下の要件に全て該当する者
    • (ア)医療保険各法(後期高齢者を含む)の規定による被保険者または被扶養者
    • (イ)初回精密検査日から1年以内に保健所又は委託医療機関もしくは市町村の健康増進事業の肝炎ウイルス検査で陽性と判定された者
    • (ウ)フォローアップに同意した者
  3. 実施医療機関

    肝疾患診療連携拠点病院、肝疾患専門医療機関及び肝疾患協力医療機関

    肝疾患専門医療機関一覧(PDF:226KB)

    肝疾患協力医療機関一覧(PDF:233KB)

  4. 申請書類等

(2)定期検査の助成(助成回数年度内2回まで)

  1. 内容
    指定された医療機関において定期検査を受診し、保険適用の医療を受けた場合、対象者が負担した費用を助成します。
    注意:助成額は、ウイルス疾患指導料及び検査に関連する費用として県が認めた費用
  2. 対象者
    以下の要件に全て該当する者
    • (ア)医療保険各法(後期高齢者を含む)の規定による被保険者または被扶養者
    • (イ)肝炎ウイルスの感染を原因とする慢性肝炎、肝硬変及び肝がん患者(抗ウイルス療法後の経過観察中の方を含む。)
    • (ウ)住民税非課税世帯に属する者又は市町村民税(所得割)課税年額が235,000円未満の世帯に属する者
    • (エ)肝炎治療費特別推進事業の受給者証の交付を受けていない者
    • (オ)フォローアップに同意した者
  3. 実施医療機関
    肝疾患診療連携拠点病院、肝疾患専門医療機関及び肝疾患協力医療機関
  4. 申請書類等

注意:世帯全員分の住民票、世帯全員分の住民税課税(非課税)証明書、市町村民税額合算対象除外希望申請書については、同一年度内に肝炎治療受給者証の申請や定期検査費用の助成の申請において、提出されている場合は省略できます。

注意:医師の診断書は、病態に変化がない場合、定期検査費用の1回目の申請時のみ提出してください。

(3)申請窓口

  • (1)初回精密検査
  • (2)定期検査ともに県内8保健所が窓口となります。

意:ただし、宮崎市にお住まいの方は、中央保健所が窓口となります。

2陽性者フォローアップ事業

調査票による受診状況等の確認

  1. 内容
    調査票を送付する等により医療機関の受診状況や診療状況を確認させていただきます。
    検査未受診の場合は、電話等をさせていただきます。
  2. 対象者
    検査費用の請求により把握した陽性者

3事業案内リーフレット

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康増進課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7079

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kenkozoshin@pref.miyazaki.lg.jp