トップ > くらし・健康・福祉 > 保健・健康づくり > 感染症対策 > 感染症サーベイランスシステムについて

掲載開始日:2022年9月8日更新日:2022年11月7日

ここから本文です。

感染症サーベイランスシステムについて

医療機関の皆さまへ

現在、全数報告対象の感染症の発生届や、定点把握対象の感染症の報告については、保健所にFAXを送付いただいております。

令和4年10月31日に感染症サーベイランスシステムが更改され、これまでのFAXでの報告から、システム入力へと移行します。インターネット環境がある医療機関の皆さまにおいては、アカウントの申請、オンラインでの届出・報告に御協力いただきますようお願いします。

インターネットがない医療機関の皆さまにおいては、これまでどおりFAXで御報告いただきます。

詳細については、医療機関の皆さまへ(PDF:866KB)をご覧ください。

なお、先に、定点報告が可能な「医療機関管理者」アカウント発行を行いました。今後、全数把握対象の感染症の報告が可能な「医療機関」アカウントの発行を行う予定としております。

アカウント申請方法

全数報告が可能な「医療機関」アカウント、定点報告が可能な「医療機関管理者」アカウントはそれぞれ独立しているため、担当する業務ごとにアカウントが必要です。

<注意点>

  • システムの利用に当たっては、利用規約(PDF:271KB)への同意を前提としておりますので、必ず御一読ください。
  • 利用者ごとのアカウントが必要です。また、複数の医療機関等に所属される方は、機関ごとのアカウントが必要となります。
  • アカウントの申請は、医療機関ごとに設置いただく「システム利用管理者」を介して申請をお願いします。

システム利用管理者とは・・・所属する利用機関におけるシステムの一般利用者を把握し、利用認証実施者(保健所職員)と連携の上でシステム一般利用者を管理する者。(利用規約を御参照ください。)

定点報告を行う医療機関の申請方法(医療機関管理者アカウント)

発行は終了しました。

定点医療機関であって、システムでの報告に移行可能な場合には、管轄保健所へご連絡ください。

全数報告を行う医療機関の申請方法(医療機関アカウント)

準備中

システムの研修動画・マニュアルについて

システムにログイン後、『ヘルプガイド』にて医療機関向けの研修動画やマニュアルを閲覧できますので、必ず御確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部感染症対策課感染症対策担当 担当者名:若松

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-26-7336

メールアドレス:kansensho-taisaku@pref.miyazaki.lg.jp